PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔のリドル 第10話

【Amazon.co.jp限定】悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券)  [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray]
(2014/06/18)
不明

商品詳細を見る

すみまひ成分が、思い切りなくなり、そして、時代はなんとやら。乙哉さん、脱獄してた件。
あぁ、とかはる、いちゃついてんなー。
そして、理事長の、とかはるを見守る目がほほえましいこと、微笑ましいこと。
ってかさー・・・何、あの、英さんの怪力・・・?一部、サイボーグと化してたりしてな。これ。
いやいやいやいやいや・・・ありえへんって。どういうこっちゃ。どうでもいい話、これほどの仕掛けを作る資金って、どれくらいなんやろ。
爽やかに、かつての敗北者の人形が悪趣味にもほどがあるわー。
英さん、なんか、スッゲー金持ちと言うか、まぁ、なんか、晴と同じ境遇とか、そこはどうでも良い。
しかし、まぁ、とかはる、いちゃついてますわね。
そこは、あれなんだろうけどー
実は、身体の一部がサイボーグとか、そういうあれじゃないと、説明つかないよ?これ。
ウワー、マジで、そうだった。義手と義足だったー。そういう意味で、マジで、説得力あったわー…しかし、乙哉さんの噛ませっぷり。まぁ、あれが、突破口を開くとか、そういう形なんだろうけどと思ったら、あれでしたね。しかし、乙哉さん、一体、何しに、あんた…話的に、あの子が出て来た意味はあったんです?
ってか、兎角さん、戦ってる最中に晴ちゃんとイチャイチャの歴史を語るわけでー。
女王蜂の力ーって、何。
鳰さん、こえーな。一瞬、ヒェってなった、乙哉さん、相当、あれなんやろうな。これ。
ってか、英さん、こえーよ。いや、マジで。
晴ちゃん、意外とえげつない方法で敵を倒すのが面白いなー。とか、思ったり。いや、ああいうえげつなさは、好きですけどね。
まぁ、とかはる、いちゃいちゃやな。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

乙哉の鋏を握り潰したあたりから嫌な予感がしてた

最後に控える英さん、きっと今までの暗殺者の中でもトップクラスなのかなあと思ったら、予想斜め上を行くとは思いませんでしたね。乙哉と兎角を退けるとは。黒組3人で倒すとかなんかのボス戦でしたね。

しかし、女性でありながらほぼ全身の機械化して女王へなろうとするとは精神的にもすごいですね。

| 第4のペロリンガ | 2014/06/15 19:02 | URL |

Re: 乙哉の鋏を握り潰したあたりから嫌な予感がしてた

まさかのサイボーグですからねー。えぇ。ただ、最後のやられ方は、なんか、凄い間抜けな感じがしちゃいましたが。まぁ、全身を機械化しながら…ってのは、確かに凄いですが。
に、しても、あのラストが、なんか。

なんて、思っちゃいました。

| 月 | 2014/06/16 18:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/6011-1a89c474

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT