PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アリア社長と比叡さん

にゅ


「イエース!アリア社長のもちもちぽんぽん、最高の心地良さデース♪」

アリア社長のもちもちぽんぽんに、顔を埋める金剛ちゃんを見て、色々となんていうかですね。

可愛いんですけどね。

可愛いんですけど、なんていうか、あの、彼女も彼女でヤンデレ要素があるので、何とも言えないです。

金剛型は、皆、そういうあれがあるのではなかろうかと思ったりするわけで。

「ぷいにゅ、ぷい、ぷぷい。」

「そういえば、金剛ちゃんに好かれてから、なんか、あれです。比叡ちゃんに嫌われているような気がします。」

「ぷいぷい?」

「うん。」

そんな感じで、こっちとしては仲良くしたい気分ではあるのですが。

いかんせん、向こうが避けてくるので仲良くしようがないのです。

んで、あれだよ。

比叡ちゃんはですね、比叡ちゃんでですね。

アリア社長には心を開いているんですよね…

どういうことなんでしょうか。

これは。

アリア社長、流石。

なんて、言う感じでございますけど。

「ぷいにゅぷい?ぷいぷい。」

「アリア社長、金剛姉さまは、いつも提督、提督、提督、提督…」

「ぷ、ぷい!ぷいぷい!!ぷいにゅぅ!!」

もちもちぽんぽんに、比叡ちゃんの爪が食い込んでるんだけど、良いの?

いいのかな…?

あの、もう、うん…

「金剛姉さまは、私の・・・」

なんていうか、金剛ちゃんと、色々と話しあわなきゃだなー…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5840-6ed2e75f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT