PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クレアちゃんと愛宕さん



「多摩だにゃー」

「ぷいにゅぅー?」

「社長もねこニャー」

「ぷいぷいにゅにゅにゅい。」

そんな感じで、多摩ちゃんと、アリア社長。

同じ、ねこ科と言うことで、仲が良いようですわね。

そんな感じで、もう、艦これ編で良いか。

なんて、思いながら、こうして見ているわけでございますがー。

「私は愛宕、提督、覚えてくださいね。」

これが、結構、いい子で。

「んもぅ、意外と甘えん坊なのですね。」

なんか、甘えたくなるような雰囲気を持った子なのですが、一線は越えません。

そして、私以上に巨乳です。

お母さんよりもでかいような気もします。

「これは、これで・・・また。」

「ぷいにゅい。」

そんな感じで、まぁ、色々とあれなんですけどね。

おっぱい、触りたくなって仕方ないほどの大きさです。

「あんっ!やめてったら!もう、私のおっぱいは高雄専用なんですからね!」

…そんな感じで、無意識にも見たくなる胸がいけないのです。

クレアちゃんは悪くないです。

クレアちゃんの、何処が悪いって言うんですか。

大体、提督なんですから、そういうのは許されるはずなのでは…?

「愛宕、迎えに来たわよ。」

「高雄♪」

なんていうか、この子も、彼女持ちなんだなー

って思った時、クレアちゃん、妙にさびしくなりましたよ。

「私、高雄との夜戦、得意なの♪」

「もう、愛宕…」

そう、時間は夜です。

こいつら、いちゃつきやがってずるい・・・

はぁ…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5817-9f79d469

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT