PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初夢

イリヤ


「ぷいにゅいぷい、ぷぷい?ぷぷぷいにゅ?」

「はい。誓います。」

なんで、私は教会にいるんでしょう?

周りの人達は、祝福してるような雰囲気だし。

アリアは、なんていうか、神父をやってるし。

似合ってるし。

「結婚、おめでとう!イリヤちゃん!」

え、結婚?

結婚って、なんなの?

結婚って、おい。

「結婚…?私、結婚するの?アリア、私、結婚するの?」

「ぷいにゅぃ?ぷぷいにゅ。」

え、イリヤちゃん?

何を言ってるの?

って、顔してるし、そう返されたし…

何、それは、そういうことで良いんですかね…

「何か、あれ?私、結婚?しかも、三人の女と…?」

「ぷいにゅ。」

こくりと、アリア社長がもちもちぽんぽんを弾ませていうんだけどさ。

なんで、あれ?

この世界って…











「クレアさん。」

「んー?」

「今年は、どんな初夢を見ましたー」

「あぁ、アリア社長や皆と仲良くやる夢だったよ?イリヤちゃんは?」

「あぁ、なんか、ハーレム婚する夢でした…」

「おぉ…」

「アリアが結婚式で仲人になって、私とクロエと、アコと美遊さんの三人が私の嫁になる的な…」

「あぁー…」

「何か、夢にしてはリアルでしたよ…」

「ははは・・・」

「あぁー・・・私、結婚するんですかね?」

「かもしれないねー」

マジかよ…

重婚かよ。

私…

有かよ…

もう、有で良いかもだけど…

うわー…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5800-3b28d44f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT