PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年を振り返りたくない。

うん・・・


「ぷいにゅぃ。」

あぁ、そんな感じで、いつの間にか主役の座をイリヤちゃんに取られてたような気がしてならない。

「ぷいにゅっぷい。」

「アリア社長、今年は、何があったかな?」

「ぷいにゅぅ…」

なんていうか、私としては、お母さんが異様なまでにアリア社長にハマったと言うかですね。

まぁ、あの、アルフとお見合いとかね…?

そういうあれですけどね。

「何か、私の影が薄くなった気がする。」

「ぷいぷい。」

「あぁ、後、ダイエットもあったわね。」

「ぷいにゃ。」

今は懐かしき、そのダイエットのあれでございますが。

うん…

いざ、太っても、あの、アイリちゃんに精気を吸ってもらえばなんとやらです。

「アリア社長。」

「ぷい?」

「ミッドチルダに行くと、ろくな目に合わないね。」

「ぷいにゅぅ・・・」

まぁ、あの、なんていうか、私、何もしてない気がする

ダイエット以外は…

いやはや、なんていうか、あれでございますわ。

「おもに、何をしたかーなんて、あれですしね。去年は、あれだよ。プリキュアをやったけどさ。」

でも、今年は・・・

「キャラが多すぎて捌くのが面倒くさいからやらない。」

「ぷいにゅぅっぷい。」

「まぁ、そりゃ、プリキュアの数も一年に最低でも3人は増えるようになったしね…」

まぁ、仕方ないと言えば仕方ない。

でも、やりたかった・・・

うん・・・

あの、はい。

来年もお願いするのは良いけど、あたし、いつまで此処にいる計画だったっけ?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5783-56abc880

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT