PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平和

平和


「にゃっ…!」

キリッと光りながら、今日もライフルの銃声が響き渡り、なんとやらです。

今日もネオ・ヴェネツィアは平和です。

「ぷいにゅぅ?」

「アリア、また、親父とアルトリアが喧嘩してるみたい。」

「ぷいにゅぅー。」

あの二人も凝りねーな。

なんて話をしてるんですけどね。

「ぷいにゅぅー。」

まぁ、そんな感じで、あれですよ。

今日の喧嘩の原因は、キリツグのお昼ご飯をセイバーが全部、食べてしまったと言う、そういうあれです。

アルトリアもいらんことしなければいいのに、どうも、例の世界ではあれですね。

アルトリアも、流石に堪忍袋の緒が切れたと言うか・・・

いや、それでも、やってることが小さいと言うか、なんと言うか。

「ぷいぷいにゅ。」

「やめればいいのに。」

「ぷいぃー」

まぁ、そんな感じで、娘としては、こうして見ているわけですが。

「でも、キリツグ、私のご飯は食べないのよ?」

「・・・」

それは、あんたの御飯が不味いからや。なんて、口が裂けてもいえませんでした。

「アルトリアちゃーん、御飯、食べにいこー」

「にゃぁーぅ。」

そんな感じで、あれでございます。

そう言えば、最近、クレアさんと無駄に仲が良いです。

ガザニアさんとの関係も壊れそうですね。

まぁ、それはそれで面白そうです。

ってか、最近、あの人、空気だし。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5782-2ac50cc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT