PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もそろそろ

ぷい


「あぁ、ラーメンが美味い。」

「ぷいにゅ。」

そんな感じで、あれですよ。

昼飯が、ティーダ姉さん?

の、屋台でいっぱい食うのがなんとやらです。

オプションで、チャーシュー追加がデフォです。

でも、中に鶏皮を入れるのも、また、美味しいのです。

あぁ、上手い・・・

鶏皮、美味しい。

「アリア・・・」

「ぷい?」

「何で、あんた…普通に箸を持って食べられるの?」

「ぷい、にゅぅ?」

まぁ、本人も気づいたら出来てた。

って、言うけど、そういう問題なんですかね。

「今年も一年が終わるねー」

「ぷい~」

って、感じで、まぁ、あれですよ。

イリヤちゃんですよ?

なんか、今年は、ろくな目に合わなかった気がする。

嫁候補が増えるし、なんか、突然、プリキュアが恋人候補になっちゃったりするし。

別次元の妹が襲ってきて、なんか、気づけば、うん。

な、感じになってたし。

ついでに、親衛隊も作られてたし…

なんか、結構、モテるなー…

って、思ったけど、その愛が重かったりですね。

キリツグに親衛隊が出来た。

って、言ったら、

「戦争か…」

と、いつも以上に虚ろな目で言ったりですね。

まぁ、戦争は無かったんですけどね。

ってか、キリツグに勝ち目があったかと言うと、まぁ、どうでもいいや…

闘いは数だよ。

多分…

うん・・・

「あ、お姉さん、ゆで卵ください。」

「ぷいにゅ~」

まぁ、今日は平和です。

「アリアは、どだった…?」

「ぷ、ぷいにゅ…」

「まっ!」

「にゃぁぅ。」

まぁ、平和じゃなかったか…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5777-639e3e51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT