PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くりすます

です。


「クリスマス本番です。」

まぁ、この後、クリスマスではなんとやらでございます。

アリアがサンタクロースのコスプレをしてなんとやらだったりします。

こうして、フローレンス家の良い子達にプレゼントを配るわけですね。

ってか、フローレンス家全員と、あの、アリアと親しい子どもたちですから。

まぁ、毎回、アリアがあげる者も、色々と凝ってましてね。

いやはや。

あたしも、去年、色々と貰ったんですが。

今年は、何を貰うんだろ。

「ぷいにゅ、ぷぷいにゅぅ~」

アリア社長にとっては、クレア姉さんも子供なようで、毎年、色々と貰ってるようです。

「去年は、何を貰ったんですか?」

「あぁ、手袋。ぬっくぬくよ。」

「おぉ・・・」

まさか、自分の家側ではなかろうか?

とか、思ったんですが、まぁ、それは無いようです。

一年中、アリアはぬっく抜く出し…

いや、まさか、抜けた毛?

いや、まさか・・・

「ぷいにゅぅー。」

「アリア社長、サンタさんだー」

「ぷいにゅぅ~♪」

子供たちから、すっかりアイドルなんですよ。

あれ。

可愛いんですけど、まぁ、可愛いとしか言いようがない。

ちゃんと、髭まで付けて…

なんか、あの姿が良く似合っております。

「ぷいにゅ。ぷいぷい。」

なんか、うん。

いや、アリア、可愛いとしか言いようが。












んで、後日。

「あ・・・今年はアリアが作ったチョコレートだ。」

「ぷいにゅぅー・・・」

まぁ、寝てるんですけどね。

そりゃ、色々とあったしな。

「あ、うまい。」

結構、いけました。

お母さまのよりも美味しい…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5769-7a2b7e76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT