PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いヴ

おいしい


クリスマスイブ。

そんな中で、アリアは何をするのか。

なんてことはよくあるわけでございますが。

「アリアー、プレゼントだよー」

「ぷいにゅぅ~♪」

って、ことで、アリアに与えられたものは、新たなコスプレグッズでございますね。

あたしが冬によく来てる服を、イリヤちゃんはあげましたよ?

ってか、あたし、頑張って作った。

魔法とか、そういうのを多量に使いまくって…

一カ月分の魔力を消費した感。

皆、基本、この時期にあげちゃうんですわ。

何故かって言うと、25日は、アリアは忙しいからなんですが。

まぁ、そこは、どうでも良いとして。

「ぷいにゅ、ぷいぷいにゅ♪」

そして、アリアはクレアさんから色々とやられます。

「アリア社長、私からはこれだよー♪」

って、ことで、用意したのは…

あぁ、まぁ、運。

おいしいものでしたね。

ってか、明らかに、クレアさんの分も合わせて二人分あるよね。

「一緒に食べよ。」

「ぷいぷいにゅ♪」

目元を光らせて、あれです。

やっぱり、美味しいものには弱いんですね・・・

アリアも。

「アリア社長?」

「ぷぷいにゅぅ~」

あ、うまそう…

なんか、凄い、喜んでたから、これはこれで良いんかな…?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5768-c15e4ff9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT