PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダメ。

冷える。


「ぷいぷい。」

アリアに学校じゃないの?

って、言われているイリヤちゃんなわけでござーますが。

「アリア。」

「ぷい?」

「よいしょ。」

「ぷいにゅぅ?」

とりあえず、あれだよ。

こたつの中にいれるよ?

「ぷいぃー・・・」

「こう暖かいと、学校に行くことなんて愚かしいとは思わない?アリア。」

「ぷいにゅぅ、ぷい。」

「って、ことで、私は、この中に入るわけさ。」

「ぷいにゅぃ。」

うん。
言っってることは、色々とあれだけど、そこは気にしない方向で行きたいと思います。

「あったかい…」

「ぷいにゅぃーぷい。」

まぁ、あの、私ですね。

実は、寒いの苦手なんですよ。

こう見えても…

寒いところで育ってんのに、寒いところが苦手。

なんて、よくあることでございまして。

あぁ、寒い。

「イリヤー、学校に行かないのー?」

「寒いから行かない―」

「もう、誰に似て、寒がりさんになっちゃったのかしら。ほら、行くの。」

お母さまは基本、人生、エンジョイしてますから寒い季節でも楽しんでます。

「だって、顔面にまで冷たい風が当たるのきついんだもん。」

「ぷいにゅぃ。」

「アリアも、そうやって、イリヤを甘やかすから。」

「ぷ、ぷいにゅ・・・」

あ、反省してるわ。

この猫…

とりあえず、アリアが怒られるのがしのびないので、学校に行ったけど…

道中、寒い。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5719-05d278b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT