PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

にゅ。

未来


「塵芥ー。」

「シュテルー」

「アリア社長にー」

「会わせろ―」

今日も今日とて、あれでございます。

レヴィやら、あの、小さい変なのが、私とシュテルを追っかけてくるわけでございますが。

まぁ、あの、そこは、気にしない方向で。

「だから、二人とも、色々とあるじゃない。」

「我は、塵芥の前だと仲良くするぞ。」

「僕も好き嫌いしないよ?」

「シュテル、それよりも、効果的な方法がある。」

「?」

まぁ、そんな感じで、あれです。

そんな、精神的な攻め方よりも、もっと、手軽な文句があります。

「二人とも、お姉ちゃんに会わせるわよ?」

「・・・!」

「・・・」

それは、恐怖と言うか、なんと言うかでございましてね。

まぁ、流石に、あれだよ。

貞操ですよ。

貞操の危機になると二人とも黙ります。

クレアお姉ちゃんは、恐怖の象徴と言うか、そういうわけでもないんですが。

綺麗過ぎるんだけど、残念な肉食レズですからね。

まぁ、荒れなわけでございますよ。












「ぷいにゅぅ。」

そんな感じで、やって来た、ネオ・ヴェネツィア。

「クレアママ―」

「ママ―」

二人の隠し子と仲良くですね。

母親らしいことをしているんですよ。

シュテルは…

「アリア社長。」

「ぷい?」

そんな感じで、あれですよ。

未来ですよ?

シュテルが来てますよ?

「ぎゅっ…」

「ぷいにゅ。」

アリア社長、可愛くてなんとやらですわ。

良い感じに二頭身だしね。

アリア社長と遊んでた。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5715-f798403c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT