PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

独占

しました。


「アリア社長ー、帰りますよー。」

「ぷいにゅぃ~」

って、感じで、まぁ、桃子姐さんなんですけどね。

「そう言えば、最近、なのはがいないわ。影に追いやられてなんとやらだけど。」

「ぷいにゅぅ、ぷい。」

「あぁ、ミッドチルダに向かったんですね。」

「ぷいにゅ。」

まぁ、向こうのフェイトちゃんと、なのはちゃんに迷惑かけるんだろうなー

って、思いながら、こうして思っているわけですが。

あの子は、今頃、何をしているんだか。

大きいフェイトちゃんでも独占してるんだろうなー

「ぷいにゅぃ、ぷい。」

「そうですねーイリヤちゃん達が待ってますからねー」

「ぷいにゃ。」

アリア社長を、こうしてひとり占め…

あ、あいつらは、してないわ。

とりあえず、あいつら、帰ってきて、目立つ活躍…

してないわ。













「なのはなのー」

「あ、また・・・」

「フェイトちゃん、お困りさんなのー」

それもそのはずなのー

大きいフェイトちゃんのお胸は、なのはが占領してるのー

これで、今夜は、私の物なのー。

フェイトちゃんはと言うと…

「なのはぁ…」

「…」

大きいなのはのスカートの中に入り込んで、ハァハァなのー

「フェイトちゃん!今日は、寝かさないのー!」

「え・・・?」

「アリア社長の写真、一杯、一杯―なのー」

「!?」

ふっふっふー

釣られたのー

なのはなのー

「これで、暫く、フェイトちゃんのおっぱい独占なのーついでに、生乳も拝むのー」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

暴走幼児がひさしぶりに←苦笑
しかし、いつのまにか、スカートの中に入るようになっていますね、こちらのフェイトさん。もう片方は、まぁ、うん←苦笑
ふたりとも、帰る気なさそうですね~。
帰っても、立場がよくないからかもですが。
もっとも、こればかりはどうしようもないですけども。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/11/24 06:22 | URL |

Re: タイトルなし

その力は最強ですしねー…なんか、もう、色々と。
いつの間にか、スカートの中に入って、愉悦に浸っているのが、この幼女の楽しみと言うか。
まぁ、あの、帰ったら帰ったで姉であるが故にベビーたちの面倒を押しつけられそうなので、帰らないと言うのが実は…
そういう意味では立場が良くないかも。
まだ、遊びたい盛りですからね。
そんな感じで。
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/11/24 10:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5660-99a24192

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT