PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先輩

ミカ女生


「にゃっ!」

そんな感じで、ご存知、聖ミカエル女学園。

なんていうかですね。

イスカンニャルは、相変わらず、飯をねだりにやってきます。

『腹が減っては戦は出来ぬ。』

その前に、こいつ、何と戦うねん。

って、話ですが。

モキュモキュ言ってる…

まぁ、そんな感じで、

「あら、アリア社長じゃない。」

やたら、ちっこい、勝気な先輩がやってきました。

でも、背中には、あれです。

黒髪おかっぱな先輩もいます。

沢口麻衣先輩と川村玲緒先輩。

「あ、玲緒先輩と麻衣先輩だ。」

「こんにちは。イリヤちゃん。」

「こんにちは。」

「ぷいにゅ。」

「あら、こんにちは。アリア社長。」

「ぷいぷいにゅ。」

アリアは、ミカ女では知らない女の子がいないくらいには、有名な猫です。

「ぷいにゅぅぷい。」

そんな感じで、アリアのぽんぽんに触れて遊ぶ玲緒先輩なんですけどね。

そこは、どうでもええか。

まぁ、この二人、結構、有名な公認かぽーになってたりします。

はい。

最初は玲緒先輩から拒否されて嫌われているのではないかと悩んでいたが、突然玲緒先輩から告白を受ける。

公認のカップルになってからは玲緒先輩への愛情を隠さない。

玲緒先輩はふわふわの髪の毛で日本人離れの容姿をした小柄な少女。

私と身長、同じ位です。

素直になれないいわゆるツンデレさんです。

「ぷいにゅい。」

「アリア社長、ふわふわね。」

ついでに、玲緒先輩は玲緒っぽいらじおって言う、良く解らないラジオしてます。

「アリア社長、玲緒が残しちゃったものなんだけど…」

ついでに、玲緒先輩のお弁当は毎日、麻衣先輩が作るそうです。

「麻衣が嫌いなものを入れるから…」

「好き嫌いはダーメでしょう?」

まぁ、結構、美味しいらしいですよ?

うん。

そんな感じで。

「ぷいにゅ。」

美味しいそうな。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5640-2fd3e543

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT