PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3匹一緒

ぷいにゅ


「ぷいにゅ。」

「ふわぁー・・・」

そんな感じで、おはようございます。

イリヤちゃんです。

「ぷいにゅぅー・・・」

って、ことで、身体を伸ばすアリアが可愛いです。

うん。

朝です。

「おはよう。アリア。」

「ぷいにゅ。」

「みゃぁー・・・」

「まぁー・・・」

…そして、何故かいる、ヒメ社長とまぁ社長ってことで、これは、あれですかね。

受け狙いなんですかね。

気づけば、アリアのぽんぽんを噛んでるし…

「ぷいにゅぅ!?」

そして、今、気づいた、アリア…

まぁ、寝ている間は、それだから仕方ないか…

とか、思ってるわけでございますけどね…

「ぷいにゅ―、ぷいぷい…」

とりあえず、あの、ぽんぽんを離すわけですが。

「まぁぁぁぁ!」

「みゃぁぁぁ。」

めっちゃ、警戒されちゃってるわ・・・

ってか、なんで、この二匹が、此処にいるの?

「あぁ、ヒメ社長と、まぁ社長、これから、こっちで預かることになりましたから。」

「え・・・?」

「ぷい?」

なんで・・・?

って、ことになるんですけどね…

そりゃ、あれですよ。

なんでだよ。

「美遊ちゃんが姫屋に、クロエちゃんがオレンジぷらねっとに働くことになったから。」

「あぁ、そういう・・・」

「んで、アコちゃんは、アリアカンパニーで。」

「・・・」

いや、なんやかんやで、あれですよ。

勘弁して下さいよ…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5615-e87f5278

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT