PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何故・・・

そこに。


「ぷいぷい。」

「へ?」

なんて、感じで、目の前にいたのはあれです。

「トトロ・・・?」

なんか、水色の奴で、袋を持ったやつがいた。

昔、爺ちゃんの家で見たことのある…

あれですよ。

「・・・」

「ぷーいにゅ♪」

「え・・・?」

アリアが、手を振るとトトロも手を振って、どっかに逝ったわけでございますが。

「アリア、言葉、解るの?」

「ぷいにゅ。」

って、感じで、あの・・・











「あれ?」

「ぷいにゅぅぃ?」

「あ、ゴンドラの上で、寝てた?」

「ぷいにゅぅ。」

アリアが、近くにいました。

はい。

「ぷいにゅ!」

ほわわー

って、感じで、あれですよ。

「ぷいにゅぃ~」

アリアのもちもちぽんぽんが、こうして、ネオ・ヴェネツィアの海の上で漕いでるゴンドラの上でゆったりしているのですが。

まぁ、まだまだ、私もウンディーネとして揺れています。

あぁ、腕が未熟だと、こういうこともあるわけですよね。

あぁ、揺れに揺られて、なんとやら…

そんな世界に、私は住んでいる。

あぁ…

揺れている…

「ぷいぷい。」

「うん。イリヤの恋心も揺れている…」

「アコさん…?」

「ふふ…」

そんな感じで、心地良い世界にいたんですけどね…

なんか、あの、思い出しちゃって、あれです。

ってか、なんで、アコさん、こんなとこにいんの?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

神出鬼没だわぁ~←汗
イリヤさんの影あるところには、必ず参上って感じな←汗
イリヤさんは、本当にゆっくりとはできない人ですね←しみじみ
まぁ、それを言うのであれば、アリア社長はもっとですが←汗
本当に大変なおふたりですね。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこの辺で。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/10/13 06:52 | URL |

Re: タイトルなし

そんな感じで、あれですわね。
神出鬼没の存在に出会ってしまうと言う、この展開に驚きと言うか、なんと言うか。
そんな、背後に迫るなんとやら。
色んな意味で、皆、神出鬼没な世の中で、社長の背後にも二匹の影がいたりとか、そういう奴が。
本当に大変です。
明日も頑張りますよい。

| 月 | 2013/10/13 09:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5572-7416d2f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT