PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

喧嘩

ばとる


今日は、いきなり、猫フィルターです。

「なんか、イスカンニャル、毎日、ミカ女に来てるんだよね。」

「そうなの?イリヤちゃん。」

「そうだよ。アリア。」

・・・猫フィルターかけてるから、アリアも普通に人語だよ?

イリヤちゃん、言葉が解るから、普通にあれだよ?

会話しちゃうよ?

征服王が征服され王になってしまったのは記憶に新しいところでございますが。

しかし、あの、アリアの4倍もあろうかと言う、あの体積ですよ。

「にゃぉぅ。」

まぁ、暴行に及んだとしても猫の壺を知っているから、まぁ、色々とアレなわけでございますが。

ついでに言えば、そんなことしないんですけどね。

「イスカンニャルー、御飯だよー」

「御飯ー!」

うわぁ、これが、あの征服王だと思うと、マスターの彼は何を思うのか…

「ふ…征服王も飯で釣られるとは、まことしやかに堕ちたものよ。」

「ふっ…女児達の愛情こもったお弁当を貰ったことの無い慢心王に言われたくは無いものだな。」

あ、これ、すっごい、嫌な予感がする。

ってか、ギルニャメッシュ、普通に…

お前も、何しに、ミカ女に来てんだよ。

灯里ママはどうした。

灯里ママは。

いや、相手にされなかったからか?

「ふっ…そんな女たちに…」

「相手にされないとは哀れなものよ。」

「貴様ぁぁぁぁぁ!!!!!」

・・・この後、全力で止めました。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5548-e050a31e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT