PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

例外

ぷいにゅ。


何事にも触れて見ることは大切である。

まぁ、触れても、ダメだった場合は、本当にダメな場合である。

って、感じで、あれですよ。

管理人、本当に触れて見てダメだったものはぼろくそに言うけど、触れて見て良かった。

って、思える時は、これ以上にないほど褒めますからね。

「何?今日、そういう話?」

「まぁ。」

そんな感じで、イリヤちゃんです。

屋根の上です。

SAKUSAKUです。

そして、

「ぷいにゅ。」

アリア社長です。

「恐らく、最近、AKBネタを入れてきたのは、触れたからだよね。管理人がね。」

「そうですね。」

隠し子の名前もAKBから出てますしね。

まぁ、あの、握手会やライブのバイトとか、そういうの色々とやってるそうです。

そこで、生で触れて、まぁ、良かった良かった。

って、感じで、こうなって今に至るんだとか。

まぁ、そんな感じで、あの、まぁ、人って何があるかわかりませんよね。

あれほど、アイドル嫌いだった、管理人がなんとやらですわ。

「まぁ、あれだけ例外ってのはあんじゃないの?」

「ぷいにゅ。」

こくり。

と、頷く、アリア。

まぁ、何事にも例外ってのはありますよね…うん。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5522-9cf04467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT