PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ね。

ぷいにゅ。


「ぷいにゅ。」

「アリア社長の可愛い…可愛い…もちもちぽんぽん、可愛い…可愛い…」

そんな感じで、なんていうか、あの、アリア社長、可愛いですよ。

こうして見ていると、なんていうかですね・・・

アリア社長、可愛いんですけどね。

「あ、あの、お客様…?」

「アリア社長~」

「ぷ~いにゅ~」

アリア社長、可愛いです。

ただ、そんな、お客様の前に…

イリヤちゃんは、流石に、あの…

困惑気味でございます。

そんな感じで、おはようございます。

クレアちゃんです。

お母さんは、なんていうかですね…

あれでございますわよ。

「ぷっぷいにゅ。」

お客さんが、あの、フェイトさんって言う、私のお母さんなわけでございますが。

ただ、あの、イリヤちゃんの必死のガイドも聞かずに…

「アリア社長―!!」

「ぷいにゅー!!」

って、感じで、アリア社長といちゃいちゃしておる…

「にゃふぅ…」

ヘニャクレスさんの、呆れ声も聞こえてあれです。

「アリア社長も、うちの子になっちゃえば良いの二ー」

「ぷい?」

まぁ、そんな感じで、お父さんは、働いているので、その間に、あの、私が連れてきた…

うん。

たまには、母親孝行かとおもったら、これだよ!!

「アリア社長は、アリア社長だしね。」

「ぷいにゃっぷい。」

アリア社長、大好きなのは知ってるけど…

これは酷い。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イリヤさんがいる意味ない←汗
そういう意味では、たしかにひどいですね~←汗
普段のフェイトさんならば、わかることでも、いまのアリア社長に魅入られた状態ではわからなそうですし←汗
親孝行が思わぬ結果になったクレアちゃんといる意味がなくなったイリヤさんに合掌しつつ、今回もごちそうさまです。
それでは、今回は、これにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/08/03 07:34 | URL |

Re: タイトルなし

イリヤさん、本当にいる意味が無いですよねー
なんていうか、あの、残念な結果になってしまいました。
アリア社長が悪いような気がしないでもないけど、アリア社長のおもてなしに極端に弱い人でございますから、あれです。
運が無かったとしか…そんな感じで、本当に、あの・・・残念なことです。
そんな感じで―明日も頑張ります。

| 月 | 2013/08/03 08:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5487-9e9f7edf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT