PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時間稼ぎ

ぷいにゅ


「お姉ちゃん、離して。」

とりあえず、妹が、追いかけるのを我慢させるわけであれですよ。

「ほむらちゃ、ほむらちゃ。」

「ほむ?」

「うぇひひひ」

なんていうか、あの、ほむらちゃんも、まどかちゃんの前では仲良しです。

大人しい良い子だけど、あれですよ。

スカートの中には入りこみますよ。

そこに、悪いは無いような感じで。

「もう、ほむらちゃんったら、はしゃいじゃって。」

なんか、まどかちゃんも、慣れてしまったのかな…?

ほむらちゃんが、スカートの中に入り込んでも、全然、気にしていないような感じだ。

「ぷいにゅぃ。」

「アリア社長~♪」

「ぷいにゅ~」

そんな感じで、愛されるアリア社長。

流石は、アリア社長です。

愛されています。

「ぷいにゅ。」

「千歌音ちゃん♪」

「姫子♪」

まぁ、こっちは、こっちで、変わって無い。

まぁ、それも、悪くは無いとは思うんですけどね。

千歌音ちゃんと、姫子ちゃんはいつも通りですよ。

「ぷいにゅぅ?」

まぁ、アリア社長は可愛いです。

最近、クレアちゃん、あれですよ。

語り手ポジションですから、色々とあれでございます。

いりやちゃんは、ぐろっきーですしね。

あらあら、うふふ。

とか、思ったりするんですが。

まぁ、でもねぇ・・・

お母さん、あれですよ。

お母さんは、相変わらず、アリア社長が大好きですよ。

「お姉ちゃん、灯里ママが行っちゃうから。」

「うん。あんたは、自重しなさい。」

クレアちゃんは時間稼ぎ中でした。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5469-e8bf3b62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT