PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

りらっくす

しすぎ


「ぷいにゅぅー・・・」

アリアが、今日は、学校にいる件・・・

あれ・・・?

なんでだっけ?

とか、思いながら、あれですよ。

寝ますよ。

私。

正直、まぁ、あの。あれなんですがね。

「イリヤの妹なの?」

「はい。クロエと申します。」

瑠奈と仲良くしてるのは良いんですが。

急にできた妹と言うことで…

ついでに、2Pカラーのごとき色黒と言うことでですね。

ブラジルで、コーヒー豆性産業の修行をしてきた。

って、言う、そういう設定をしておきました。

あの、色黒の肌は、そう簡単に白になりませんしね。

「えぇ・・・寝かせろ。」

そんな感じで、机の上で突っ伏しているわけですが。

その上に、アリアが乗ってる…

「ぷいにゅ。」

「アリアー…重いー…」

そう言えば、アリア社長は、体重が十キロあったりします。

「ぶうぇっくしゅ。」

「お姉ちゃん、大丈夫?」

「ぷいにゅぅ?」

って、ことで、学校ですけどね。

ぶっちゃけ、疲れてしまっているので、今は、あれです。

ってか、あれ?

「学校なのに、アリアがいるの・・・?」

「ぷいにゅ。」

ちょっと、今日、心配だから、色々と来てくれたんですかね?

「ぷいにゅぅ~」

「あぁ・・・そこ、たまらんわ・・・」

「ぷいにゅぃ?」

「んー・・・大丈夫…」

これは、ヤバい。

これは、あの、重いけど、気持ちい…

なんだ、この感覚、たまらんわ・・・

叔母ちゃん、ちょっと、今日は、寝ちゃうわよ?

「あ、あの、イリヤさん?」

「へ・・・?」

気づけば、担任教師の貴子先生が、申し訳なさそうに、こっちを見てた。

いや、分かれることは出来んよ?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

10キロが頭に乗ったら、重いってレベルじゃない気がします←汗
まぁ、イリヤさんもオーバースペックになっちゃいましたので、あんまり気にしないのかもしれませんけども。
しかし、クロエさんの紹介が、適当なような←汗 まぁ、クロエさん本人が納得していればいいのかな←苦笑
まぁ、とにかく、イリヤさんの学校生活は今日も平和ですね。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/06/24 06:22 | URL |

Re: タイトルなし

でも、意外と、もちもちぽんぽんが当たってやめられない実態があるんだとか。
イリヤちゃん敵には、もう、これはこれでフルフルしてて問題ないそうです。
クロエさんの黒い肌をごまかすために、これは、どうするべきかー・・・って、感じなわけで。
ブラジルに行ってたことになりました。
平和だけど、正直、イリヤちゃんにとっては平和では無かったり…
それは、また、今度…

| 月 | 2013/06/24 09:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5357-ba94fc2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT