PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時間切れ

奥様


「そんな感じで、今日のナレーションは、アイリスフィール・フォン・アインツベルンです。」

「アイリ、久しぶりの出番だから、張り切ってるね。」

「そうなの!キリツグ!今日は、久しぶりのナレーションなのよぉ!だって、前までは、イリヤがいっぱいしてたし!」

と、言うことで、今日は、私がナレーションなのです!

あぁ、なんていうか、私、こうして、アインツベルンの若奥様として、色々とありました。

「ぷいにゅ?」

「あら、アリア?どうしたの?」

そんな感じで、今日は、色々とあるんですけどね。

まぁ、なんていうか、語るもNAMIDA、色々と涙・・・

と、言う感じで。

「ぷい、ぷいにゅ。」

「え?何何?アリア。」

「ぷいにゅい♪」

って、感じで、アリアが、今日はなんていうかですね・・・

色々と持ってきてくれているんですけどね。

「ぷいにゅっぷい。」

「あら、向こうで、奥様達のお茶会をするの?」

「ぷいにゅい。「

そういう感じで、アリアは呼ばれてきたようね。

御呼ばれされたなら、これから、行かなくちゃ。

と、言うことで、今日は奥様のお茶会なんだけど…

「あ、今日のお話…」

「ぷいぷいにゅ。ぷぷいにゅ。」

「え、今日、此処で終わり?」

「にゅ。」

時間切れ。

「あら、今日の話は、もう終わりなの?」

「にゅ。」

「じゃぁ、明日でいいわね。」

「ぷいにゅぃ。」

まぁ、そういう感じで、色々とあれです。

私、これから、お茶会です♪

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5336-db896308

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT