PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コマンド!!インストール!!!

GEAR戦士電童・・・大好きでした。部活サボってみてたなぁ・・・もぉ、重田智サンの、ダイナミックな動きに目ガ釘付けでしたね。疾風激走脚、旋風回転券、旋風回転脚、疾風三連撃、閃光雷刃撃、波動龍神撃、豪腕粉砕撃、爆砕重落下。喧嘩の時には良く使っている技でした。毎週、欠かさずに見てましたよ。大好きです。SEED作る前の福田監督の作品ですから、神ですよ。ゼロに向かって、セルファイターが電池を打ち出す最終回近くのシーンは今でも、忘れていません。子供向けアニメの感じが出ていましたが、全く子供向けな感じはしませんよ。また、BGMも神の音楽ばっかで、凄い。普通の戦闘シーンの、ダダダダンみたいな感じで始まる戦闘音楽や、ファイナルアタック。この音楽はたまらねぇ・・・主題歌は「超魔神英雄伝ワタル」オープニング主題歌で有名な三重野瞳さんと、サイバーフォーミュラSINの主題歌で有名である、影山ヒロノブさんですよ。COUNT DOWNやOVER THE RAINBOWの歌も魅力的ですよ。良い歌だ。
毎回、銀河君が戦闘や空手の練習をやっているシーンでは、一緒にやってましたね。銀河君の空手シーンではそれにあわせて、アニメの終了と共にやめました。アニメに影響される人間でした。ドラマに影響されず、アニメに影響されるそちらの世界に突っ込む人間がそこにいましたね。ただ、自分は北斗君派でしたね。
大好きです。
ちなみに、個人的に速水さんが出ているのもポイントでしたねー。エクスカイザーのように、「フォームアップ!!」って叫んだ時は、ビックリした。ゼロは、かなりの美形キャラだった。はげだけど、やばい強い。一回、戦闘シーンで鬘を被って凄い面白いシーンがありましたね。北斗君の母親である、ベガ副指令。あの人の正体には薄々、感じる部分があります。正体が判明される少し前に、一回だけ「北斗!!」って叫んだシーンがあったのですよ。
また、キャラクターデザインは久行宏和さん。舞-HiME、舞-乙HiMEシリーズ。新世代ロボット戦記ブレイブサーガ、新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA、新世紀GPXサイバーフォーミュラSINで有名ですよねー。瞬兵と舞衣とハヤトと北斗君、銀河君が五人揃っている画像を、是非見てみたい。
あと、一話限定のフルアーマー電童がスパロボで使えたのは感動したなぁ・・・


ストーリー
ある日、流星の様に宇宙より落下した光…。 その対岸の砂浜によろよろと歩く蒼い髪の少女がいた。 光の落下した場所、星見町に燃え上がる炎。やがて歩む力をも無くし、少女は倒れてしまった。

その17年後のある日、人類の抹殺を目論む機械生命体ガルファの巨大要塞が月へと飛来した。 要塞…螺旋城から、その配下のロボット(機獣)が地球へと進軍を開始する。 その日、星見町へ引越しして来た少年…草薙北斗は、小学校の校庭で拳法の練習をする少年…出雲銀河と出会った。 直後、何機ものロボットが町へ攻撃を始める。 家族が心配になった二人は、帰宅を急ぐ。が、途中で泣いている迷子の少女を見つけ、それを救おうとした。 ガルファ機獣の攻撃が少年達を襲う! とその時、突然床を割って現れた巨大な青いロボット…電童は、驚く2人を自ら胸部のコクピットへと迎え入れるのだった!


登場人物

GEAR(ギア)
出雲銀河【いずも ぎんが】:松岡洋子
本編の主人公で、星見小学校5年1組に在籍。5月5日生まれ。血液型はB(RH+)型。少林寺拳法の有段者で、考えるよりまず行動が先の肉体派。好きな学科は体育と図画工作。母親と先生とお化けと勉強と北斗の飼い犬ジュピターが大の苦手。林檎の皮剥きとカレー作りが得意。名前の由来は銀河系。アイドルグループ『C-DRiVE』のユキの大ファンで、彼女のポスターは命より大事だと豪語する事も。部屋には『C-DRiVE』の大判ポスターが貼ってある。北斗との出会いがきっかけで共に電童のパイロットに選ばれ、戦士として成長していく。宿題などの忘れ物チャンピオン。後半より最終回寸前までは、一人で電童を操縦する事になる。
草薙北斗【くさなぎ ほくと】:進藤尚美
もう1人の主人公で銀河と同じ5年1組。7月7日生まれ。血液型はA(RH+)型。思慮深い知性派で、好きな学科は算数その他。コンピュータとサッカーなどが得意。洗濯物を畳むのがプロ並みという裏設定もある。足の多い虫が苦手。乗り物やロボットなどのメカが大好きなため、部屋のポスターはスペースシャトルとフォーミュラカー。典型的なガンダムマニアのため、ニュータイプなどのいわゆる『オタク』的発言も多い。他にもビリヤードなど幅広い趣味を持つ。ペットでは犬が好き。引っ越して来たその日にガルファの襲来を受け、銀河と共に電童に選ばれ数奇な運命に弄ばれるが、持ち前の機転の良さと前向きな心で乗り越えて行く。幼少の頃にアメリカに滞在していた経験あり。地球とアルクトスとの異星人間での混血児でもある。名前の由来は北斗七星。後半から最終回寸前までは、アルテアに託された騎士凰牙に一人で搭乗する事になるが、最終回では再び銀河と共に電童に搭乗して戦う。
ベガ/草薙織絵【くさなぎ おりえ】:三石琴乃
GEAR副司令官。常に仮面で素顔を隠す女性。戦闘用バイク『ワルキューレ』を駆り戦いをサポートするが、生身でもかなりの戦闘能力を持つ。本来電童のパイロットであり、その正体は北斗の母、織絵でアルクトス皇女でもある。8月27日生まれ。血液型はAB(RH-)型。実際の髪の色は明るい緑だが、地球では目立つためか明色系の茶にしている。28歳。名前の由来はベガ(織女星)。
エリス・ウィラメット:鶴野恭子
GEARアメリカより派遣されたデータウェポンの主任研究員。銀河と北斗のクラスに、お目付け役として編入してきた少女。10歳でマサチューセッツ工科大学を卒業した天才児であり、それ故勝気なところもあるが、主人公2人を心配し励ます気配りを見せる。飛び級した所為か、勉強以外はやや不得手で特に体育は苦手で逆上がりが全くできない。銀河とは口げんかが絶えない状況にある。趣味はバスフィッシング。6月13日生まれ。
渋谷長官:西村知道
GEARの最高責任者。剣道二段と柔道三段の有段者。西園寺を「御前」と呼び、ベガの正体を知っているなど、かなり以前からの知り合い。好きな言葉は「泰然自若」。隠居したら陶芸家になりたいらしい。
Dr・井上:高戸靖広
GEARメカニック担当。おもちゃ会社に勤務の経歴があり、趣味と実益で開発している。宇宙船ファイティングアースとペルシダーをユニコーン達が死に掛けた折に吸収され、嘆く。1話にて北斗の「武器は無いの?」という意見を受けて、電童の試作武器の発案及び制作を行った張本人である。6月4日生まれ。
吉良国進【きらくに すすむ】:野島健児
GEARスタッフの一人。電童のパイロット候補で一時は青のギアコマンダーを託されていた。ガルファが初めて地球に襲来した際、交通渋滞で遅れて電童に乗り遅れる。電童が銀河と北斗を選んだ後は、彼らのサポート役に徹する良き兄貴分である。後にセルファイターとセルブースターのパイロットを担当。元々、星見野アミューズメントパークでバイトをしていた折に偶然本部を見つけ、ヒーローに憧れていたということもあって無理矢理入隊してしまった。クレー射撃の腕はオリンピッククラス。ヒーローが好きなので、ドクター井上と話が合う。父親の名は吉良国肇(はじめ)。実は意外にも良家の御曹司である。同じく良家の出身である愛子とお見合いをする羽目になり、それを機に彼女とは親密な関係となった。
浅野愛子【あさの あいこ】:芳野美樹
GEAR本部のオペレーター。GEAR本部で唯一チェスでメテオを負かす腕前の人物。久美たちからは「愛ちゃん」でよばれる。遅刻ギリギリの出勤が多いが、ウィッター襲来の際は電磁波の影響で出撃できなくなったセルファイターをマニュアル操作でリフトアップさせたほど優秀。良家のお嬢様であり、偶然吉良国と見合いをさせられたのをきっかけに、お互いを意識するようになった。2月14日生まれ。
早瀬久美【はやせ くみ】:根谷美智子
GEAR本部のチーフオペレーター。後半、凰牙の出撃オペレートを担当。
リンダ・スー:加藤優子
GEAR本部のオペレーター。お下げの女性でおとなしい性格。
クリス・ウェルナー:一条和矢
GEAR本部のオペレーター。男性オペレーターのリーダー格。
ダン・マクレガー:石塚堅
GEAR本部のオペレーター。クリスと妙に気が合う。
ケニー・松村:石川大介
GEAR本部のオペレーター。
西園寺実【さいおんじ みのる】:岸野一彦
地球に逃げ延びた幼いベガを救い、養女として育てた人物。日本政財界の影の重鎮であり、ガルファの脅威に備えてGEARを創設する。
黒崎【くろさき】:石川大介
西園寺のSP。ビリヤードが得意。

地球の人々
出雲みどり【いずも みどり】:加藤優子
銀河の母親。少林拳の達人であり、月森町にある道場の師範代。戦闘中の電童の構えを見て操縦しているのは銀河であると気付き、その戦いを影ながら見守る。元広島の女暴走族集団「暗怒露女蛇(あんどろめだ)」15代総長の肩書きを持つ。源一に一目惚れし、押し掛け女房になった。4月15日生まれのB型。36歳。
出雲乙女【いずも おとめ】根谷美智子
銀河の妹。わがままで甘えん坊。5つに分けた独特の髪型が特徴。バルコニーで居眠りをしていたレオサークルを見つけ、友達になる。嬉しい時の行動パターンは兄と瓜二つ。
出雲源一【いずも げんいち】:速水奨
銀河、乙女の父。報道記者。行った先の文化をすぐ吸収してしまい、帰国しても抜けないまま外国語まじりの言葉と行動で周囲を翻弄する。銀河の嘘を悉く見破るため、銀河にとって尊敬と脅威の対象でもある。電童のスクープを取ろうとした際にパイロットが銀河と北斗であることを知るが、秘密にする理由があると悟り黙認する。
「スーパーロボット大戦R」では、銀河曰くジオン公国の取材から帰った途端に、「ジーク・ジオン!」と叫んでいたそうだ。
出雲源太郎【いずも げんたろう】
銀河と乙女の祖父。電子囲碁が趣味。
草薙圭介【くさなぎ けいすけ】:一条和矢
北斗の父親。日東TVのアナウンサーで、報道キャスター。プロサッカーチーム「サンライズ」の熱烈なサポーター。裏設定に、織絵とは家庭教師と教え子の関係から後に大恋愛を経て結婚したとある。長い間、織絵=ベガの真実の出生について知らなかった。織絵がガルファに連れ去られてしまった件を機に、北斗が電童のパイロットである事も含めて、全ての真実を知る事になるが、戸惑いながらも彼女への愛を変える事はなく、北斗達の勝利を祈りながら、キャスターの任を全うし続けた。10月12日生まれのO型で32歳。
ジュピター
草薙家の雄の飼い犬。白黒のボーダーコリーだが、普通よりも体が大きい。命令を理解し従う忠犬らしく、1話で幼女(美味ちゃん)を助ける際に北斗の指示で背に乗せて走るなど、多芸である。名前の由来は木星。
大岩冴子【おおいわ さえこ】根谷美智子
銀河、北斗、エリスの担任の先生。26歳独身。ダテめがねらしい。
ミキ:菊地祥子
人気アイドルグループC-DRiVEのリーダー。ハキハキしたストレートな性格。
サキ:高橋美佳子
C-DRiVEのメンバー。メインボーカルを務める。ミキとはC-DRiVE結成以前からの親友。お嬢様で本物志向の実力派らしい。
ユキ:土屋美恵子
C-DRiVEのメンバー。天然ボケが可愛らしい、ぶりっ子系少女。実家で買われている犬のマークンが大好き。銀河が熱烈な大ファンで、レオサークルの仲介により銀河とメル友になる。

ガルファ
アルテア:中田和宏
黒騎士(ブラックナイト)の異名を持つガルファ親衛隊隊長。騎士凰牙のパイロット。二刀流の使い手で、壱の太刀が得意。常に凰牙に酷似する仮面を付けている。その正体はアルクトス王家の皇子でベガの実兄。ガルファによる洗脳で支配されていたが、正気を取り戻した後はGEARの頼もしい協力者になる。3月28日生まれのA(RH+)型。名前の由来はアルタイル。
スバル:鈴村健一
騎士凰牙用搭乗者のスペアとして、ゼロによって育てられる。ガルファが人類を攻撃するのは正義の為であり、自分はガルファであると信じ込まされ育てられたが、誘拐され連れて来られた北斗との出会いが人間の感情を取り戻させ、後に彼を信じて人類側につく。後に11年前のアルクトス掃討作戦で連れて来られた人間と判明。3月3日生まれの13歳でAB(RH-)型。名前の由来はプレアデス星団の別名昴。
セア:冬馬由美
アルクトス人の生き残りで、スバルの実母。外伝では、トリアスの1人レアの異母姉妹。
ジュノ:鶴野恭子
アルクトス人の生き残り。スバルの弟でセアの次男。彼が地上に出てきたことで少なからず生き残りがいた事実が知られるようになる。名前の由来はジュノー (小惑星)。
アルゴ:丸山詠二
アルクトス神官。北斗の姿を見て若き日のアルテアと間違えていた。ベガたちにデータウェポンとガルファの関係を語る。


GEAR
GEAR戦士電童【ギアファイターでんどう】
青いGEAR。皇女ベガが惑星アルクトスから脱出する際に持ち出された。2人乗りであり、パイロット同士の動きが合わないと操縦不能。これは高等な相互システムの発展系といわれる。ガルファの地球侵攻に際して、GEARはベガと吉良国の2人をパイロット候補としていたが、電童自らがパイロットとして北斗と銀河を選びコクピットに招き入れ、この2人の少年が専属パイロットとなる。鳳牙が戦力に加わった後は1人で操縦できるよう改造され、銀河によって運用される。北斗が乗っていたコクピットは残っており、ガルファとの最終決戦ではフェニックスの導きにより再び北斗と銀河の二人がパイロットとなった。GEAR本部、及び宇宙船メテオからの発進の際、レッドの射出用コクーンで出撃する。
騎士GEAR凰牙【ナイトギアおうが】
アルクトス王家に代々受け継がれていた黒いGEAR。ガルファ反乱の際にアルテアが搭乗して立ち向かっていたがガルファの手に落ち、アルテアと共に消息を絶っていたと思われていた。実際はガルファによって洗脳されたアルテアと共に、他星の人類殲滅の争いに身を置いていた。ガルファ反乱から17年後、データウェポン捜索のため地球人類の敵として現れる。アルテアが負傷で戦線を離れた後は甥の北斗に委ねられた。最終決戦時はフェニックスの意思により北斗が再び電童へ搭乗、アルテアが再び乗り込みベクターゼロを撃破する。GEAR本部、及び宇宙船メテオからの発進の際、ライムグリーンの射出用コクーンで出撃。
量産型GEAR
アルクトスに配備されている量産型。両手足にタービンがない簡易設計になっており、誰でも操縦可能で武装も様々。またそれ以外にタービンが存在する上位機種も存在する。

データウェポン
「電子の聖獣」とも呼ばれる、プログラム生命体(以下DW)。それぞれが意思を持ち、自分が求める条件を持ったパイロットと契約を結び、力となる。普段は契約したパイロットのギアコマンダーの中に居り、電童/鳳牙にインストールすることで実体化、武器となる。ドライブインストールすると固有の特殊能力が開放される他、電童の残りエネルギーを全て使用して放つ必殺技・ファイナルアタック(以下FA)がそれぞれに1つずつ設定されている。
プログラム生命体であるため普段は実体が無いが、DW自身の意思によってギアコマンダーから抜け出して実体化することも可能。ただし、実体化してもあくまでプログラム生命体であるため、コンピューターウィルスに感染すれば危険に晒される。
それぞれの姿は日本でいう所の12支が元になっていると思われる。ユニコーンドリルが午、レオサークルが虎、バイパーウィップが蛇、ブルホーンが丑、ドラゴンフレアが辰、ガトリングボアが亥、フェニックスエールが酉。鼠、兎、羊、戌に相当するデータウェポンの個体は存在しておず、代わりにユニコーンドリルとレオサークルの合体形態である輝刃が戌(牙に引っ掛けてる)、ゼロが鼠(全ての始まりであり全ての終わりに位置する存在でもある為)、ベクターとラゴウ辺りが羊と兎(両者とも意外と凶暴であったりする点等)、猿がベクターゼロ(台詞回し等)に割り振られていると思われる(ゼロ、ベクター、ラゴウも一種のデータウェポン)が、劇中では言及されてはいない。
ユニコーンドリル
青い一角獣の姿をしたDW。契約条件は『信頼』。属性は渦。人懐っこい性格で、ドライブインストール時にはGEARの右腕に装着。特殊能力は前面へ展開しあらゆる攻撃を100%はじき返す結界「ファイアーウォール」。「ドリルホーン」は武器としてだけでなく、地中を掘り進む事も可能。最初はパートナーである銀河を信頼した北斗と契約するが、エリスのミスにより一時契約が解除、その後再び北斗の元へと戻るが、アルテアが母の実兄だと聞かされ戦意を失ってしまった際に再び契約が解除され、アルテアと契約。しかし北斗が本来の心を取り戻した事で三度目の契約を結ぶ。一時はラゴウウイルスに侵食され消滅の危機に曝されるが、フェニックスの力でGEARの開発していた地底戦車ペルシダーを取り込み、蘇生。その際、レオサークルと融合、超獣王輝刃となる能力を得る。FAは頭部の角をドリルのように高速回転させ、強大なエネルギーの渦を巻き起こし遠距離にいる敵さえも貫く。
レオサークル
白いライオンの姿をしたDW。契約条件は『勇気』。属性は風。普段はのんびりしている。ドライブインストール時にはGEARの右脚に装着。特殊能力は「ハイパースキャン」。一時は恐怖に駆られるもそれを乗り越え立ち向かった銀河の勇気を認め、契約する。が、ユニコーンと同様に消滅の危機と2度の契約解除とを経て、銀河の元へ戻る。フェニックスの力でラゴウの毒牙から生還する際に、開発途中の宇宙船ファイティングアースを取り込む。FAは鬣が高速回転し、円形のエネルギーサークルを撃ち放ち、標的を切り裂く。地球に接近する隕石の破壊のために初めて使用された。
バイパーウィップ
紫の毒蛇をモデルとするDW。契約条件は『自信』。属性は雷。性格はやや八方美人で、なかなか自らの考えを表に出さず腹の底の考えが読めないDW1番の策士。GEARの左腕に装着し鞭となる。初登場時にGEAR・ガルファ間で争奪戦となるが、自分の力を信じる心「自信」を見失いかけていた銀河と北斗に対し、己の力に迷いのない心を持っていたアルテアと契約してしまう。アルテアが正気を取り戻した後、北斗を契約者に選ぶ。特殊能力は高速移動による影分身技「イリュージョン・フラッシュ」。FAは自在鞭となったバイパーの顎部クラッシャー・ファングを投げ縄の様に振り回し、雷の力を加えて地面に叩きこみ、その衝撃波で敵を切り裂き、破壊する。イリュージョン・フラッシュと併用する事でより複雑な運動によって実質上回避不可能。
ブルホーン
橙色の体躯と雄牛を模したDW。契約条件は『知恵』。属性は地(土?)。普段は物静かだが、一度怒ったり興奮したりすると止まらない。牛故か、赤いものを見ると興奮して追い回す。GEARの右腕に装着し拳を強化する。特殊能力は超重力波「オートプレッシャー」。ボア、ドラゴンらと同様にメテオキューブのエネルギー放射により姿を現し、アルテアと契約する。後にアルテアが正気を取り戻してからは、銀河と契約する。基本的なGEARの装着位置がユニコーンドリルと被っているが、ガルファとの最終決戦時にデータウェポンを一斉装着した際には、見えない位置に装着されていたらしい。ビデオとDVD最終巻パッケージの絵では、左腕部にブルとバイパーが腹側を向かい合わせた状態で強引に装着されている。FAは巨大な角ブルブレイカーの間に、強力な重力場を生成、それを地面に叩きこむ事で地割れを起こし、地面の構成物質を使って巨大な結晶を発生隆起し、攻撃範囲にいる機獣に大ダメージを与える。その威力はかすめただけでGEARの装甲を軽く切り裂く威力がある。基本的には地上での使用に限定されるが、直接巨大な質量体を砕いたり粉砕することも可能。
ドラゴンフレア
赤い西洋龍の姿をしたDW。契約条件は『慈愛』。属性は炎。博学家で気難しい性格なため一人でいる事を好むが、好奇心が旺盛なため実際の行動からはそう見られにくい。ドライブインストール時はGEARの左脚に装着、口から巨大火球を発射する。特殊能力はプログラム破壊光「クラッシュレイ」。ボアと同様メテオキューブによって誘い出された際、北斗の慈愛の心に反応して彼と契約する。ハイパーデンドーデンチを手に持って唯一交換することが出来るDWである。FAはGEARの左脚部に装着されたドラゴンの内部にあるタービンが高速で回転。大量の熱エネルギーを生成し、熱線として一気に放出する。
ガトリングボア
緑色の猪をモデルとしたDW。契約条件は『創造』。属性は光。性格は猪突猛進。DW間でのコミュニケーション(主に井戸端会議)ではリーダー的役割だが、振り回されては怒る。ドライブインストール時にはGEARの胸部に装着、巨大なプラズマガトリング砲となる。特殊能力は一定範囲内の時間の流れを止める「クロックマネージャー」。メテオキューブのエネルギー放射によって誘い出された際、銀河の創造力に反応し契約。FAは巨大機関砲となったボアの鼻部が高速回転、無数のエネルギー光弾を発射し、複数の機獣を蜂の巣に粉砕する。
超獣王 輝刃【ちょうじゅうおう きば】
友情を司るDW。属性は嵐(渦+風)。データウェポンの王とも呼ばれる。ラゴウウィルスによる消滅の危機を乗り越えたユニコーンドリルとレオサークルが融合。他と違い三段変形し、装着せずにハンドウェポンとして使用する。
フェニックスエール
希望を司るDW。属性は虹。アルクトス最大の守護を齎す。平時は姿を見せずガルファと共にあるが、有事の際は姿を現し、人々を守り導くと王家内部で伝承され続けていた。ガルファ自身はフェニックスの特徴などを知らなかったが、「7体目」と呼び、執拗に捜し求め続けていた。アルクトスの人々と守護の契約を交わしていたが、17年前のガルファの反乱の際には人々の絶望により本体を現すことは無かった。が、実はベガの体内に潜み、幾年月を経てそのまま北斗の大脳皮質の神経網に宿る。そのため、北斗と銀河へ語りかける際にはベガの姿を借りることも。「絶望の淵の希望」こそが発動条件であり、宿主である彼が条件を満たした時にのみ度々その能力を示し、GEARを起動させ、DWを再生させた。最終決戦時にアルクトスと地球の人類が共に発動条件を満たし、別れて戦っていた北斗と銀河が再び出逢った時、ついにその姿を現す。インストールすると電童には翼と尾を現し、凰牙には「雲噛」「海槌」という一対の太刀を現す。インストール時には無尽蔵のエネルギーが使用可能(インフィニット・レイヤー)。ファイナルアタックは七色七属性の閃光を背より撃ち込む。ガルファとの最終決戦では他の六体と融合、対ガルファのアンチプログラムでもある「暁の大太刀」に変化した。

GEAR(組織)のメカニック
ワルキューレ
小型ジェットエンジンを搭載したベガ専用の高速バイク。座席内部にミサイルランチャーを搭載し、水上走行も可能。小型ながらベガの身体能力とあいまって、かなりの戦闘能力がある。自宅兼喫茶店ポラールの地下には常時数十台が格納されている。
セルファイター
GEARの弱点である電池切れを解消すべく開発された空中電池換装機。2組4基のハイパーデンドーデンチを搭載しており、1回の戦闘で最大3発までのFAを可能にする。戦闘機として運用可能で、ワルキューレを揚陸可能。主に吉良国が操縦する。
ファイティングアース
螺旋城決戦用に製作された宇宙船。前線に出ることなくレオに吸収される。
ペルシダー
螺旋城決戦用に製作された地底戦車。ファイティングアースと合体できるようになっていたがユニコーンに吸収される。輝刃になれるのもこの機能によるものと推測。ウルトラマンにも同名の地底戦車が登場する。
セルブースター
宇宙用ブースターを装備したセルファイター。電池の搭載数や火力が強化されている。ただし、大気圏内では動きが劣る。最終決戦時、ゼロに破壊されるが、吉良国は無事だった。
セルブースター・ヴァルハラ
GEAR本部壊滅時、運良く試験飛行により残っていたセルファイター二号機。パイロットはベガ、ナビゲーターにスバルが同乗する。一号機と違いロングレンジキャノンを搭載している。
メテオ
アルクトス脱出の際ベガが搭乗していた巨大宇宙船。地球飛来後はGEAR最深部に匿われていた。GEAR本部司令室はメテオのデッキを模して作られているため、GEAR本部壊滅後、実質的なGEAR本部となる。戦艦ではないが、アルクトス皇族の緊急脱出船ということもあってか、主砲クエーサーキャノンやレーザー砲などの武装と、DWのFAと同等の出力といえるほど強力なエネルギーシールドを装備している。反物質エンジンを搭載。劇中ではエネルギー源として使っているメテオキューブが地球の技術では製作不能である為に搭載量が機体維持限界ギリギリな分の数個しか残っておらず、尚且つその内1個はデータウェポンをおびき寄せる為に使用した為にガルファ星に戻っても戦闘可能かどうかも危うい状態だった。
GEAR本部司令室
ガルファ本星からの侵攻を予測して造られた施設で、内部は将来メテオを運用する時の為に徹底的にメテオのデッキを模して作られていると同時に敵に内部に侵入された場合の囮としても機能する様な構造になっている(実際襲撃された時にはその役目を果たし崩壊している)。ちなみにメテオがメテオキューブの不足で戦闘参加が危うい為にエネルギー源は通常の電力を使用している為、停電に巻き込まれた事も。


機械帝国ガルファ
ガルファ皇帝:速水奨
惑星アルクトスの生態系管理コンピュータだったがある時突如としてアルクトス人に反旗を翻し、自然を破壊する人類に代わり宇宙の全てを掌握せんとした。7つの巨大コンピュータからなっており、7つのプロテクトで守られている。
ゼロ:速水奨
ガルファ皇帝の右腕とも言える存在。人間体と機獣サイズの戦闘形態を持つ。皇帝の対なる存在であり、皇帝との相互バックアップシステムによって守られているため、同時に倒さぬ限り何度破壊されても再生する。一種のデータウェポンなのであろうが劇中では言及されなかった。
ベクター
ゼロが騎乗する惑星間航行用機獣。
ベクターゼロ:速水奨
ゼロがベクターと合体した強化戦闘形態。最終決戦でアルテアの駆る凰牙と対決する。しかし、合体のボイスコマンドが「フォームアップ!」であり、戦闘形態になるのも某勇者に酷似しており(おまけに声も一緒)、ファンも驚愕した。
ラゴウ
ガルファ皇帝のペットである双頭の機獣。巨大な翼を持ち、GEARの5.2倍の速度で飛行する。体内に対DW用ウイルスを持ち、ユニコーンドリルとレオサークルに打ち込んで消滅の危機をもたらした。月面での戦いで、輝刃の出現と共に輝刃ストライカーFAによって撃破された。名前の由来は九曜のひとつ羅睺。
レング
アルデバラン:長嶝高士
ガルファ皇帝がつかわしたアルテア専用の軍艦。彼に拉致されたべガの救出に向かった電童と凰牙の決戦の際、混乱に乗じてアルテアを葬ろうとしたグルメイの砲撃によって大破、アリゾナの砂漠地帯に墜落、爆散した。名前の由来はアルデバラン。
螺旋城
その名の通りネジのような形をした移動要塞。月面に突き刺さる形で固定され、前線基地となっていた。当初はここが総本山かのような扱いを受けていたが、ガルファ本星(アルクトス)の存在が明らかになるとともに、宇宙中に同じようなものが無数にあることが判明。一斉に来られたらまず勝ち目は無かったが、先にガルファ皇帝が倒されたためそれらは全て宇宙のどこかで機能停止しているものと思われる。

螺旋城先遣隊
G・アブゾルート【ギガ・アブゾルート】:野島健児
螺旋城三機将の一体。錨と女性のような体系が融合した体躯。変幻自在で物質に溶け込み、触手を伸ばして攻撃する。バイパーウィップFAでコアを貫かれ絶命。
アブゾルート:野島健児
語尾に「だわ」を付けて喋る、探索用アンドロイドチップ。ビジュアル系の男をスキャンし擬態する。尚、彼らチップ3人は、本体が破壊された後、何故か地球に存在(G・ウィッター出撃時に一度回収されたのだが)。全ての記憶(データ)を喪失しており、以後は生命を救ってくれたスバルに仕え、彼が北斗達の味方になると同時に彼らもGEARに帰属した。最終決戦時には、ガルファである利点を最大限に発揮し、宇宙船メテオの外装修理などに活躍した(因みに宇宙空間で作業をする際には、アンドロイド形態で行っていた)。彼らは皇帝の死後、唯一生き残ったガルファでもある。
G・グルメイ【ギガ・グルメイ】:一条和矢
螺旋城三機将の一体。豪腕を持つ。電童を物質干渉波のシールドに囲い込み、DWを使用不能にして追い込んだ。鳳牙に腕を切られ、輝刃ストライカーFAで倒される。
グルメイ:一条和矢
語尾に「バリ」を付けて喋る、ギガ・グルメイの探索用チップ。大道芸人の男に擬態する。
G・ウィッター【ギガ・ウィッター】:高戸靖広
螺旋城三機将の一体。球体の頭部とリング状の胴体、菱形の手足を持つ。戦跡が振るわずアルテアに叱責され、汚名返上の為に出撃。地球で強力な電磁波を放ち、ユニコーンドリルFAのエネルギー系攻撃を無効化したが、輝刃ストライカーFAで頭部を貫かれる。
ウィッター:高戸靖広
語尾に「ジャン」を付けて喋る、探索用チップ。鳶職の男に擬態する。本体と違い手足が付いている。短気で好戦的。右脚から銃を外して攻撃する。

機獣
オービトン
人工衛星と融合した機獣。
ブロードン
TV取材車と融合した機獣
パラボーン
観測用アンテナと融合した機獣。
モビルズ
自動車と融合した機獣。
スクータス
電動スクーターと融合した機獣。
カミオーン
電動トラックと融合した機獣
ファイタス
防衛軍の戦闘機と融合した機獣。
ショーベル
ショベルカーと融合した機獣。ハンミョウの様な姿。
クレイン
重機と融合した機獣。

重機獣
スピア
最初に出撃した、サボテンに似た重機獣。冒頭に登場し、すぐに破壊された。(判りにくいが)一応台詞を喋っている。
シザーズ
クワガタムシ型の重機獣。久方ぶりの戦闘を楽しみにしていた。
エレキデス
全長では、1,2を争うほど巨大なヘラクレスオオカブト型重機獣。頭部と先端からビームを連射する。
フィーラー
植物型重機獣。触手でDWを人質とし、胞子機雷を散布し防御を図る。
スカッシャー
ディフェンダー

ラゴウを護衛する重機獣。腰のファンで竜巻を生み出す他、その名の通り、バリアービットを持つ。
ダイバー
女性と鯨を融合させたようなデザインの重機獣。音速の速度で防衛軍艦隊を瞬時に全滅させる。
アサルトン
月面で攻撃してきた巨大重機獣。
バブルート
蟹を模したデザインの、最後の重機獣。重機獣では唯一人語を発していない。

機士
エラー
地球に来襲した六大機士の1体。
クラッシュ
ウイルス
バグ
フリーズ
ロム

地球圏に再来したアルテアと随伴した機士。
ラム
ロム同様アルテアに同行してきた機士。
レッドビット
ブラックビット
ジェル
ジャム

ジェルが六大機士の残骸と合体した機士。
ドラッグ
フリーズ
テイルズ
ジャック
レガシー
バイアス
ワーム
フリゲーター
グルメイS2型

グルメイとよく似た機士。
ランス
メイス
シム



用語
GEAR【ギア】
惑星アルクトスを守護する巨大ロボットの総称。ギアコマンダーを輝かせる事ができる者にしか扱えない。アルクトスの伝承にあるとおり、意思のようなものを持ち自らパイロットを選ぶ。両腕脚に装備されたタービンの高速回転により、高速移動や必殺技など強大な戦闘能力を発揮する。動力は電気で基本的に電池によって供給されるが、エネルギーが切れると全く動けなくなるため、消耗の激しいファイナルアタックは文字通り最後の切り札。各々にフェイスカバーが付けられており、「コマンドインストール」すると通常はそれが上へ開く様になっている。ただし搭乗者が記憶操作などの洗脳された状態の場合は開かない。
西園寺の力で創設された、対ガルファ防衛組織の名称。Guard Earth and Advanced Reconnaissance(地球防衛および高度偵察)の略称。本部は星見町のアミューズメントパークの地下にある。
データウェポン
電子の聖獣と呼ばれるGEARの武器であり意思を持つ獣の姿をした電子生命体。その姿はアルクトスに実在する動物達を模している。それぞれ性格が異なり、自らの契約条件に見合う心の持ち主としか契約を結ばない。GEARに「ドライブインストール」することによって強力な武器となり、ファイナルアタックと呼ばれる強力な必殺技を撃てるようになる。また、それぞれの特性に合わせた特殊能力も同時に備わる。全てのデータウェポンは、最強最大のデータウェポンと呼ばれるフェニックスエールに統括されている。
ファイナルアタック
各DWをドライブインストールした上で発射する、GEAR最大の必殺技。威力が強大故エネルギーの消耗も激しく、DW1体から1発しか撃てない。ただし、フェニックスエールをGEARにインストールするとエネルギーが無限になり、全てのDWをインストールした上での一斉発射が可能となる。ガルファ本星へ進攻の際に6体同時のFA「データウェポン・スパイラルアタック」を射ち、ガルファの攻撃衛星を木っ端微塵にした。
ギアコマンダー
GEARの起動キーであり、各タービンの操作、DWのインストール、FAの発射操作などを行うインストーラー。GEARはギアコマンダーを輝かせることが出来るものにしか扱えない。が、その者がGEARを操舵する適性に比例して輝度が変わるため、パイロット候補だった吉良国はうっすらと光る程度だったのに対し、銀河と北斗が手にとった時には周りにいる人たちが目を開いていられないほどの輝きを発した。また、ギアコマンダーはDWを格納しておくことも出来る。作中に出てくるギアコマンダーはすべて色が違い、それぞれ青が銀河の、黒が北斗の、白がアルテアのものである。各ギアコマンダーには互換性があるため、白のギアコマンダーで電童を動かすことや、青・黒のギアコマンダーで凰牙を動かすことも可能。現に北斗は凰牙を黒のギアコマンダーで運用している。
メテオキューブ
コンピューターメテオの動力源となる未知の物質でありデータウェポンの好物。劇中ではわずか2個しか残されていなかったが、1個あればメテオが半永久的に動く(メテオを戦闘用として使用しなければ)。エリスのミスで逃げたユニコーン、レオをはじめ、6体のDWをおびき寄せるために使用された。物質としての性質だけでなく、古代アルクトス人がどのようにして手に入れたのかも不明。
ハイパーデンドーデンチ
GEARのエネルギー源。巨大な乾電池の形をしており、2本を同時に使用。1本で日本の総電力をまかなえるほどの容量を持つ。
アルクトス
ベガたち故郷の惑星。生態系管理コンピューター「ガルファ」によって美しい自然が守られていた平和な星であったが、アルクトス星紀4085年におけるガルファの反乱により人類の大半が命を奪われ、生き残った人々は地下に細々と隠れて暮らしていた。しかし、自然の美しさはガルファによって保たれていた。星ごと移動し、赤茶けた攻撃衛星からのシールドで本星を防御、主砲は星ごと破壊できるほどの威力を持つ。名前の由来はギリシャ語の熊。
インフィニットレイヤー
フェニックスエールをインストールし使用している時のみ電童にエネルギーを供給する機関で、無限にエネルギーを生成し供給し続けるモノでこれによって電童は最終決戦の際にエネルギー切れを起こすことなく戦えた。また、「データウェポン・スパイラルアタック」を放っても一時的なエネルギー不足(エネルギーの消費速度が生成速度を上回る状態)に陥らなかった事からも事実上無制限にエネルギーが供給される事が伺える。DWをインストールしていても電童の内部構造に対しての変化はないのでもともと電童の内部に搭載されていると思われるが詳しくは不明。


備考
主人公2人の年齢やストーリーから、当初ターゲットとしていた年齢層は小学校低学年だったと思われる。しかし作画監督を務めた重田智による、大胆にパースを利かせた構図の戦闘アクションがロボットアニメファンの琴線を捉え、視聴者層が一気に広まった。なお、重田智は『ガンダムSEED』『ガンダムSEED DESTINY』でも作画監督を務めている(そのためか、良く似た構図や全く同じ構図が用いられている場面もある)。 元々定評のあった戦闘アクションの作画レベルは後半以降さらに向上しており、やはり電童や凰牙の戦闘アクションに人気があったことが伺える。特に最終2話は全編にわたって驚異的な作画密度で描かれており、ストーリーのクライマックスと相俟って視聴者を圧倒させる。
かつてはテレビ東京内、サンライズ内の2つの公式サイトがあったが、現在は2つともに削除され、独立したサイトを持っている(ただし、経営はサンライズ)。
ちなみに『舞-乙HiME』の世界とこの電童の世界は同次元という設定。


主題歌・アルバム
OP
「W-Infinity」

作詞・石川雅敏、作曲・Little Voice、編曲・HAL2000、歌・影山ヒロノブ、三重野瞳
(第6回アニメーション神戸 AM・KOBE賞(主題歌賞)受賞曲)
ED
「COUNT DOWN」

作詞・芦原みき、作曲・Little Voice、編曲・HAL2000、歌・Little Voice
オリジナルサウンドトラックVOL1
オリジナルサウンドトラックVOL2






| ロボットアニメ | 19:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/533-ae948511

TRACKBACK

【大道芸人】の口コミ情報を探しているなら

大道芸人 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

| 人気のキーワードからまとめてサーチ! | 2008/01/21 21:29 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT