PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

重い


「可愛い生き物…」

「ぷい?」

「アリア社長なのです~」

そんな感じで、アリアに纏わりつこうとするちっこいの。

クレアさん曰く、

「あぁ、お姉ちゃん。」

こと、リィンフォースさん・・・

何か・・・

「可愛いのですよ~」

「ぷいぷいにゅ。」

んで・・・

なんか、あの、ソックリさん?

「アギトも、なんできたです?アリアのぽんぽんは、融合騎の中では、リィンだけのなのです。」

「良いだろ!あたしだって、アリアと、こうしたい。」

「ぶー!アリアじゃないのです!アリア社長なのです!」

「役職を除けば、アリアだろ!!」

「だーめなのですー!大体、アリア社長のぽんぽんは、リィンのなのです!」

「誰が、そんなこと決めたんだよ!」

「リィンなのです!」

・・・なんだ、こいつら?

こいつらも、もちもちぽんぽんに、惹かれて残念になってしまった人たちか?

「ぷ、ぷぷい、ぷいにゅぅぅぅぅぅ!!!!」

そんな感じで、もちもちぽんぽんの上で暴れ回れれば、そりゃ、アリアも悲鳴を上げるわな。

ってか、強く、揉んでるだけだけどな。

アリアは、ある意味、もちもちぽんぽんが、性感帯的な部分もあるけど。

それよりもさ・・・

「お姉ちゃん、アギト、帰らないと…向こうの世界にいる家族さんたちが・・・」

「あ・・・」

「カレーの食材を買うように頼まれてたのです・・・」

忘れてたのか。

まぁ、あの、月一で、アリアが向こうのミッドに報告に行く時に偶然、出会ったんだろうなー…













この後、うんと、怒られたそうです。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このふたりもまたアリア社長に魂をひかれてしまったようですね。
でも、本人は一切自覚なしと。
アリア社長は、うん、無自覚な撃墜王ですね←しみじみ
まぁ、あんまり撃墜しすぎたおかげで、最近は見かけませんが、某二匹から大変な目に遭わせられているわけですが←汗
そう考えると、大変だなとしか思えませんね。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/06/10 06:25 | URL |

Re: タイトルなし

そんな感じで、もちもちぽんぽんに、魂を引かれるのは無理も無い話です。
本人は、本当に自覚が無いです。
本人的には、仲良くしたいと言う感じで、あれです。
そろそろ、某二匹の復讐劇も始まるような感じがしないでもないんですが、まだまだ…それは。
ああいう二匹を持つと、大変なことでございますわ。
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/06/10 11:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5328-8ffdc3ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT