PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「お姉ちゃん…」

終わり


「幸せになりたいなら、一緒に幸せになろう。」

「良いの…?イ・リヤ・・・お、姉・・・ちゃん・・・」

「ん。でも、それで人を傷つけるのはダメ。」

・・・何か、私も、随分と、こういう台詞を言うようになったなー

とか、思うわけで。

「お姉ちゃん…」

「んー?帰って、皆に謝れ。」

「お姉ちゃぁぁぁぁん!」

って、ことでですね・・・

予想通りの展開ですかね。

これは。

こうして、なんというか・・・

あれですよ。

「あぁ・・・」

とりあえず、なんていうか、これは、予定調和?

予定調和ですよね。

こうして、泣いちゃってるわけだし。

そして、あたしは、お姉ちゃんらしく、背中を撫でてやるわけでございますが。

相手の気が緩んだように、まぁ、抱きしめてから、一気にギスギスしたものからふわっとした感覚になったし。

あぁ、こいつも、こいつで、可愛いな。

「はいはい。帰ろう。」

面倒くさいことが、終わったような気がする・・・

って、ことで・・・











数週間後。

「お姉ちゃん…」

「んー?」

妹が出来ました。

そんな感じで、あの、次女って設定ですね・・・

彼女…

これは、これで、ありなような・・・

何処か、予定調和的な部分が見えて仕方ないです。

まぁ、それは、それで良いんですけどね。

「ぷいにゅぅ。」

「あ、アリア社長・・・」

まぁ、皆、仲が良いんですけどね。

ただ、なんていうか、あれですよ。

「お姉ちゃん、お風呂…一緒に・・・」

「あー、はいはい。」

って、感じで、あれでございます。

うん、まぁ、ええか。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シスコン誕生ですね。
しかし、見事なくらちに手懐けましたね、イリヤさん。
まぁ、過程はどうあれ、最終的には、丸くおさまれば、手懐けたに入ると思いますし。
さて、こうなると、アコさんがいつまで黙っているのかですね。
熾烈な争いになりそう←汗
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/05/31 05:48 | URL |

Re: タイトルなし

本人、曰く、こんな単純でええのか?と、思ったそうな。
戦うよりも、こうなることが大事。
って、感じで、まぁ、本当に、丸くて名付けましたわね。彼女も…
アコさんも、黙っていないような気がしないでもないですわね。
この後、都市を一つ破壊するだけのあれになるんだとか・・・
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/05/31 08:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5310-050d1c61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT