PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

固有結界の解析は疲れる

らしい。


「相変わらず、固有結界の解析は疲れる………」

ってかですね。

「起源弾を固有結界に打ち込めば…」

「あ、無理。」

「そですか…」

クレアちゃんとしては、これほどの高度な結界を破るのに、頭を使いましたわ。

「あぁ…ってか、ミッドでも、こんなん、使うの………あ。」

「どしたの?クレアちゃん。」

「お姉ちゃん、出来たんじゃ…」

「あ…」

…なんだ、これ。

なんだ、この空間は。

いや、なんだ。

この間は。

「ぷいにゅ。」

「お姉ちゃん、出来たの?」

「わっかんねー」

明らかに、そとを剥いて、出来るの忘れてたわー

って顔をしてんだけど。

これは、これで、ありなんですかね…?

もう、どうでも良いわ。













「何で………何で、助けるんだ!!」

クロエは、どうも、アコの援軍が気に入らないようです。

そりゃ、倒せるチャンスを失ったわけだしね。

いや、それだけじゃない?

まぁ、おかげで、こっちも、身体能力とかその他もろもろを回復することが出来たんですけどね。

「なんでって、私が、イリヤのことが好きだから。」

「どうして…」

あ、なんか、会話してた。

「え、とさ。とりあえず、クロエだっけ?2対1じゃ勝ち目はないよー?」

ついでに言っておくと、あれでございますよ。

「あんた、嫉妬…?」

「嫉妬…してない!!」

いや、明らかに、嫉妬してるやん。

「あんたが、影の私なら、明らかに今、幸せな生活してる私に不満を抱いてるじゃん。」

ぶー・・・

なんていうか、子供だわ。

いや、子供か。

子供だね。

うん…

子供だわ…

いや、あたしも子供だけどさ。

「同じ十代だから、解るけど、そういうことしてるって…」

「煩い!煩い!!煩い!!!お前にはお母様もいて、キリツグまでいて!!!」

なんや、暖かい家庭が欲しいんか?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 なんか、最後の一言でシリアスぶち壊しなような(汗
 まぁ、イリヤさんだから、仕方がないんでしょうけども(笑
 まぁ、それはさておきです。
 よくよく考えてみれば、この世界の住人であれば、固有結界もぶっ壊せますよね(ぶっちゃけ
 まぁ、固有結界ぶっ壊すとか、普通ありえませんけども(汗
 ただ、そういう人が大勢いるのが、この世界(しみじみ
 うん、やっぱりすごい人が多いなぁと思いつつ、今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/05/23 13:50 | URL |

Re: タイトルなし

イリヤさんですからね。色色々と、そこら辺は、荒れなようでございます。
イリヤさんですからねぇ…こればっかりは。
そんな感じで、色々とあるんですがー
そんな感じで、解析は出来るけど、ぶっ壊すことが出来ないのが、情人だとすれば、この世界の人間はあれです。
固有結界、破壊しちゃいますからねぇー
色々と、あるような感じではございますが、それが、恐ろしや。
アリア社長ですら、チートクラスでございますし。
そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2013/05/23 17:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5297-99177151

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT