PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空気読めよー・・・

えぇー


さて、流石に、目の前の色黒こと通称2Pカラ―。。。

別名、まぁ、どうでも良いか。

「色黒がぁぁぁぁ!!!!」

「なっ!?予想以上に…!」

「いつまでも同じ位置にいると思ったでしょ?!」

弓矢の即座の方向転換は、既に構えている辺りには無理。

ついでに、リロードにはめっちゃ時間がかかる。

見事に和式の良く言う漫画で見る物。

元来、そこまで、機動兵器用と言うわけでもなく、固定砲台的な意味合いが強い。

さらに、その性質上、構えれば、軸足を動かすだけで、その力を、さらに、その小柄な体で持つことは力を抜いてしまう可能性もある。

さらに、魔法を使って宙に浮いてること、魔力を使って威力を上げることによって、さらに、根台を定めると言うこと、二つの分野で神経をすり減らしている分、正直、時間操作してまで動いている、こっちより、集中力を使うんだよね。

んで、向こうさん的には、このまま簡単に良ければいいんだけど、そうはいかないのがイリヤちゃんってわけで。

「それじゃ、此処で、降伏しちゃいな…!?」

「射抜けば、簡単に行くとは思ったけど…」

振りおろそうとした瞬間、あぁ、これで、かっこいいイリヤちゃんの活躍も終わりだなー

って、思った時には、あれでございますよ。

時間操作は簡単に行えますし、なんていうかですね。

この企画は、なんと言うか、

「私の勝ちだ!!」

ナインライヴズを振りおろし、此処で、もう、終わりで良いよね…?

ゴールしても良いよね…?

とか、思いながら、もう、風を切る速度でどん気を振りおろした瞬間って奴ですよ。

「ぐっ・・・!!」

エクスカリバー、作ってるし。

「ちょと、空気を…読みなさいよぉぉぉぉ!」

いや、割と切実に。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

空気は、まぁ、読めないタイプなんでしょうね、きっと←汗
まぁ、だいたいそんな感じだろうなぁ~、って雰囲気はありましたけどね。いままでの登場を考えるからに。
でも、それもよく言えば個性ということで。
さて、なかなか決着を着けさせてくれない2Pカラーさんを見事KOできるのか。そこんところを気にしつつ、今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/05/21 06:18 | URL |

Re: タイトルなし

空気は読めません。
この後、お姉ちゃんの前では空気を読もうとするけど、空気をぶち壊すかもしれないあれです。
個性も、色々とあると自己中になりますけどね~
そんな感じで、まぁ、今回で、色々と決着がつくような気がしないでもない戦い…
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/05/21 08:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5295-09bcfa17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT