PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぷいにゅぅ。

ぷいにゅぅ。


「ぷいにゅぅ。」

アリア社長は戻って来たわけで。

「とりあえず…」

管理人のやる気の無さが、文章になって程ばしるわけでございますが。













「エクスカリバー」と「ナインライヴズ」がぶつかり合うわけでございますが。

しかし、ぶつかり合えば、ぶつかり合う分、その分の衝撃が重いと言うか、なんと言うか。

ぶつかり合うだけで、腕が一本、奪われそうになる感覚の中で、強化された身体能力をフルに駆使するしかないわけで。

ダイヤとコネクトされて、強化された運動神経の強化と、その物に慣れたわけだけど。

同時に、なんとかしないといけないわけで。

こっちは、ナインライヴズしか武器が無い中で、向こうは…

「うぉぉぉぉらっっっっ!」

とりあえず、2mほどの巨大な武器を身長、150未満の少女が振るうって…

しかも、両手持ちで振るうって、色々とあれだよね。

なんていうか、ほら、あれですよ。

おっかないというかね・・・

「あんた、何しに来たのよ!!」

こっちは、色々とやってきてですね。

振るうだけで、相手のレプリカを砕くことは出来るんですが…

まぁ、なんせ、ヘニャクレス曰く…




「あ、これ、本物や…昔、使ってた…」




って、言ってたくらいですし…

投影したレプリカを砕くことは簡単なんですけどねぇ…

ただ、威力は本物となると、これほど、面倒な物は無いわけでございますよ。

ともあれ、

「向こうの魔力が切れることを待つしかないんだけど…」

どうせ、別次元と繋がってるんだろうなー

「当たり…!」

「そうですか!!」

とりあえず、立体機動を繰り返しながら…

動くよ?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヘニャクレスさん←汗
まぁ、本人も、当時の本物だというのは、驚いたでしょうけども、一番驚いたであろうことは、当時使っていた物を軽々と振り回す少女の姿である気がしてなりませんね←しみじみ
さて、モノホンがレプリカに負ける道理なしとも言いますし、イリヤさんのスタミナ切れが起こらない限り、決着は近そうですね。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/05/19 05:54 | URL |

Re: タイトルなし

本人いわく、かなり、驚いたんだとか。
そんな感じでですねぇ、なんか、まぁ、特に問題は無かったと言うか、そこら辺は、筋力増強とか、そういう魔法を使って軽々と振り回しているんだとか、そういうあれだそうですよ?
そんな感じで、そろそろ、色々とありそうでございますわ。決着が…
普通の結果になりそうな。
そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2013/05/19 09:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5292-2222d99f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT