PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フラグじゃ無い

ち、ちがうから


「お、おぉー!?」

「ぷいにゅぅ~♪」

そんな感じで、まぁ、凄いことになってますけどね。

「戦車道、すげー…」

此処まで、ガールズ&パンツァーを扱っておきながら、そのキャラが一人も出てこないこともスゲー

「イリヤちゃん、良く知ってたね。」

「いや、あたしも、たまたま、ネットで探してた時にですね。」

知り合ったようでございます。

いや、発見した。

か・・・

「それ以降、アリアカンパニーで戦車道のプロフェッショナル的な…何で、こんなキャラになったんだろ。」

とか、言いながら、普通に楽しんでる。

「あ、たこ焼き、食べて良いですよ?」

「ほんとに!?」

「ぷぅぃにゅっ。」

あ・・・

「ぷいぷいにゅ。」

アリア社長が、食べてた・・・

そんな感じで、アリア社長が可愛いのは世の常としてですね。

…この、入りから、何回、展開したことだろう。

とか、思いながらですね。

「アリア社長と、お昼です。」

「戦車道・・・」

「あ、また、試合を見に行きたくなりました?」

「うん。」

無公害エンジンでどうのこうの・・・

って、世界なわけでございますが

。「それにしても、戦車と女の子って…」

「まぁ、マッチしてませんよね。」

「うん。」

「でも、前に、足に戦闘機をくっつけて、空を飛んでる魔女もいたくらいですし。」

「え・・・?」

何、それ…

「ぷいにゅぅ。」

遥か、昔に、そういうのがいたそうでございます…

え、マジで…?

「ストライクウィッチーズって言ったっけ?アリア。」

「ぷいにゅ。」

アリア社長、頷く姿、可愛いな。

ってのは、良くわかるんですが。

そんなものが、この世界にいたのか…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5179-d1a23369

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT