PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本当に、この人は向こうの世界のガっくんかよ。

本当に、この人は向こうの世界のガっくんかよ。


「ぷいにゅー」

アリア社長が家にいる。

向こうに帰るときは、その出て行った一秒後に帰るから問題は無いそうでございます。

アリア社長、色々とあれだから、便利だわな…

とか、思うわけですが。

本当にアリア社長、何歳だよ。

と、疑問に思う日々でございます。

まぁ、同時に厄介な物がやっていてしまったのでございます。

「ぷいにゅ。」

アリア社長、可愛いのと同時に…

「あぁー・・・ミッドチルダに来るのも久しぶりだわー」

お姉ちゃん…

お姉ちゃんぇ…

クレアお姉ちゃん。

「さっき、擦れ違った女の子、可愛かったねー」

「そうねー」

ニア姉さんとセットって…

これじゃぁ、この国にいるノンケの女の子が全員、百合娘になる…

「あらあら、御挨拶ね。」

「だって、色々とあれだもの。」

お姉ちゃんが来ると、ろくな目に会わないと言うことは無いんだけど…

それ以上に、なんていうかですね。

いや、少女たちに夢を与えるわけですけどね・・・

夢を与えるわけだけど…

「お姉さんと、良いところ行こうか?」

「え、あ・・・でも…」

「大丈夫よ。私を信じて?」

「お姉ちゃん、何してるの!?」

気づけば、これですよ!!

気づけば。

気づけば、こうなっているわけでございますからね…

あり得ない…

何をしてるの?

「お姉ちゃんと楽しいことしよう。」

「ニア姉さん!?」

本当に、この人は向こうの世界のガっくんかよ。

とか、思いつつ、あれです。

はぁ・・・

「そういうものなのかしら・・・」

いや、可愛い女の子と見れば毒牙をかけようとするスタイル…

中等部の女子が全員、お姉ちゃん達の毒牙にかかる。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ニアさんは、たしかにガっくんっぽくないですよね。
 同じ名前だというのに(汗
 でも、その当のガっくんは……(ほろり
 しかし、このふたり、クレアちゃんの学友たち(女子)をすべていただくつもりですか(汗
 ありえそうだなぁというか、実際にやらかそうとしていますもんね。
 あなたたち、どれだけ愛人を増やせば、気がすむんですか、と言いたくなりましたが、かわいい子がいる限りとか言われそうなので、やめておきましょう。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/03/19 06:34 | URL |

Re: タイトルなし

向こうがヘタレな分、こっちが、異様なまでのタラシになってしまったのがニア姉さん…
同じ名前だと言うのに、本当に面白いことでございます。
本家は、あの、孫うこと無きヘタレですし。
とりあえず、クレアちゃんの学校の可愛い子は全員、食べるそうです。
まぁ、あの、本気で狙った獲物は逃がさない女の子ですし。
愛人は、可愛い女の子の数だけいれば、なんとやら・・・って、やつでございますわよ。それこそ、聞くのがアホらしくなるほどに。
そんな感じで…
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/03/19 07:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5154-d70f138d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT