PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一種の宗教

にゅい


「クレアさん。」

「はい?なんでしょう。」

そんな感じで、まぁ、色々とあるよね。

「今日は、留学先の方々はいらっしゃらないのでしょうか?」

やたら、上品な子がいるわけでございますけど、気にしない方向で。彼女はクレアお姉ちゃんに魅了された女子…

人生って、訳で。

「ぷいにゅ。」

「アリア社長が、いらっしゃいましたね。」

「そうね。」

アリア社長、時折、学校に入り込んで心配なのかやってくるんです。

ザンクトヒルデ…

それが、私の母校の名前。

小学部から、高等部まで、あるって話だけど、まぁ、そんなことはどうでも良い。

今や、ミッドチルダのアイドルとして君臨されている幻のねことして扱われているアリア社長。

「ぷいにゅー」

まぁ、会えれば、ラッキー的なことを言われているわけですが…

じゃぁ、うちの家族、全員、ラッキーやんな。

「ぷいにゅ。ぷいにゅぅ~?」

「どうしたの?」

「ぷい、ぷいにゅ。」

「ガっくん?」

「にゅ。」

そんな感じで、今日のがっくんなんですけどね。

ヘタレなことを申してしまって、ちょっと、色々と問題が生じております。

「ぷいぷいにゅ。」

まぁ、そんな感じで、色々とあるんですが。

「ぷぷい。」

「あ・・・」

気づけば、なんていうか・・・

こうして、一緒というかですね・・・

「アリア社長?」

「ぷい?」

「囲まれてるね。」

「にゅ。」

アリア社長の周りに出来る女子の輪…

これが、なんていうか、あれですよ。

一種の宗教上の問題になってしまっているかのようそんな光景でございますが。

「ぷい?」

あ、気にしてない

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ガっくん。もはや名前しか(ほろり
 しかし、アリア社長、こっちの世界にばんばん来ていますね。
 まぁ、それだけクレアちゃんが気になるというところなんでしょうけど。
 主に暴走していないかとか。
 まぁ、そうして心配になってきても、フェイトさんに拘束されてしまうのがオチなような気がしてなりませんが。
 それにしても、宗教レベルなんですね、アリア社長は。まぁ、わからなくもないですが(苦笑
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/03/18 06:26 | URL |

Re: タイトルなし

ガっくんはお星様になりました。
アリア社長も、あれです。クレアちゃんに会いたくて会いたくて仕方が無いのかもしれません。
だから、学校に、遊びに来たりしているのかもしれませぬ。
遊んだり、遊んだりと。
まぁ、遊びに来ると言っても週一程度なんですけどね。フェイトさんに拘束されてしまうのは、世の常だとして。
ミッドチルダには、アリア社長を見ると幸せになれると言う言い伝えが出来て、そこから、宗教っぽく。
そんな感じで―
明日も頑張ります

| 月 | 2013/03/18 11:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5153-e2884a92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT