PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AKB0048 Stage.17 新選抜総選挙

2013y01m20d_093754958.jpg
物語は、怏々しく動き出し、そして、代わり始める、その関係・・・一つの夢が崩れ去ろうとするときに、嫁は何をする人ぞ・・・ただ、悩むだけの存在である、凪沙の存在が導き出すアンサーと言うものが、この話の中で、最も重要になると思うわけです。
そりゃ、そうか・・・なんて、思う中で・・・AKBの、リアルのAKBのリクエストアワーの中で見せる彼女たちの魅力と言うもの。
現実と、アニメを比べると、ところどころ被ってる部分があるよね。とか、思いながら・・・
そんな仲で、ただ、悩むだけの人だからね。
めまぐるしく、かなう仲で、幼いころの夢が費えそうな展開になるような気がする、このAKB0048と言うアニメ。やはり、必要なのは、凪沙の言葉。一期に、凪沙と言う存在を動かしたのは、智恵理と言う存在なのだから、凪沙と言う存在が、此処で動かなければ、ならないのだよ。
凪沙の中にある答えと言うものが、いかなるものなのか、どうやって、凪沙が引き止めるのか。果たして、それとも、凪沙では鳴く、別の存在が優子さんが、動きを止めるのか。
智恵理と言うモウ一人の主役を何とかしなければならない存在・・・敢えて、ツバサさんが、あの子しだい・・・ト、それは、智恵理が辞めるというファクターを意味するわけで、それが誰になるのか、誰がいいのかと思いながら、敢えて、凪沙を推したいのですよ。いつまで、考えるだけの人でいるのか、そこにある答えを聞かせてほしいと思ってしまうのです。
そんな感じで、今日のOPは映像はなし!曲と一緒に、流すスタイルか。
美森の10位から・・・
10位だもんなぁ・・・75期生だもんなぁー。ずっと、そこにいたんだよなぁ。何や、かんや出、思い浮かべるのは彼方か・・・美森×彼方でも、あったりするんだよなぁ。彼方は美森がいたから、美森も、彼方がいたから。って、言うお互い、片思いがあったりと。ただ、それでも、愛されてるような。
良いねぇ・・・
それよか、美森によって、己の可能性を改めて信じ始める。
さて、智恵理が選抜メンバーに入ったら、0048を辞めると・・・ツバサさんが、ファンを思って・・・ト、言っても、所詮は身内の力。などと、思いながら、どうするんだか。それがいけないと解っているからこそ・・・、そこにある迷い。
何をなせばいいのかって言うのがね、そこにあるんだと思います。
その答えが見つからないのよねぇ。親父が余計なことをしたとしても、そこにアルのは確かなファンがいると言うことよね。どうするのかしら。
敢えて、如何なる形であろうとも、ファンの前で辞めると告げることについて、やりきれない思いってのはあると思うのよね。
10代目佐江の9位に思わず、立ち上がる恵さんwwwいいなぁ。やることが、夫婦じゃないですかぁ・・・!
え、鈴子、楚方に10標www
爽やかに、どうなルンかね。
争いごとが苦手な凪沙・・・やっぱ、蹴落とすかのように、順位をつけられる、この状況が苦手ってのは、良くわかってるよね。
8位は、板野ちゃんか。
前回、お姉ちゃんが参加してたのな。
お姉ちゃん、そっくりすぎるだろ!!!
いや、マジで。
お姉ちゃんのファン、良い人やなぁー
総選挙って、それだけ、己という存在を表す仲で。
凪沙は愛をもらっていると言うわけでございますというのが理解できてきている中で、答えを見出すのは、自分を愛してくれている人たちと頑張ることが出来ると言う、その意味。
その答えを得て、何をするのか。
7位はこじはるさんか。
・・・でも、最悪、二人は速報から抜けたよね?
どっか・・・美森が入って・・・そして。
まぁ、智恵理は一つの凪沙の言葉から、それを理解して、父親の力を理解しつつも自分を好きになってくれた人たちだと理解かぁー・・・百合的なものはなかったかぁ。
そして、6位の発表前に、卒業の決意を凪沙にもらす智恵理・・・絵、マジで?
そして、6位は智恵理になりました。
智恵理はかこきゅうになったって言うけど・・・
それ以上に、なんていうか、本当にこの場で卒業するんか?
ってか、まゆゆ、演技スゲーな。
結局、結論はどっちにするの?卒業するん?いや、しない?いや、それ以上に、まぁ・・・やっぱ、止まるわな。止まったわな。
まぁ、まだ、するわけがないわな。
やっぱ、やってくのなぁー
凪沙は、それを見て、何を思うのか。
5位は3型まゆゆ・・・
4位はゆきりんさんということで。

3位は、どう、思うの?と、思いつつ。
凪沙は、足が冷える中で・・・
3位は秋元才加
予定調和的に、あとは、優子とたかみなか。
もう、研究生は無いな。
確かに・・・
凪沙の隊長が崩れていく中で。
って、アレ・・・
二位はタカミナさんになってしまったわけか。
んじゃぁ、1位は、安泰の優子さんですかね。
タカミナさん、彼方に関して色々と言ってますわね。あらあら、うひゅひゅ。
彼方、ラブやなw
楚方が可愛いwww
さて、1位は、優子さんだろうな。うん。
うん。予想通りに、大島優子が一位だった。
そして、消えてしまいそうです。
さて、まぁ・・・あくまでも、凪沙は傍観者と言う立場にいたわけでございますが。まだ、まだ、傍観者なのか?と、思いつつ。優子さん、眩しい・・・
まぁ、改めて、一つの節目が終わったわけでございますが。その中で、凪沙は、ただ、ぽかーんと。此処から、主役がどうなるのかと思いつつ。
まぁ、果たして、そこにあるものは何を・・・いや、凪沙が改めて決心を秘めるために、4話もつかったと。そこにあるもののために、輝きを照らす一つの、一期から凪沙に付き従う一匹のきらら。
最後の最後に、智恵凪を持ってくるのが良い。
改めて、一種の真理を凪沙は掴んだわけですが。
これで、やっと、主人公が動くと同時に、ライバル百合が・・・あぁ、眩しい・・・
そして、一つの節目が終わり、彼女たちのドラマがまた一つ動き出すわけね。
・・・って、此処まで、二期は、4話全部が序章だと?!

| AKB・乃木坂 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5107-296b75c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT