PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そーせんきょ

ぷいにゅ


娘が14になるころには、私は29歳。

そんな感じで、29歳のクレアちゃんです。

「ぷいにゅ!」

アキバスターに旅立って行った娘二人。

智恵理と凪沙・・・

そんな感じで、智恵理と凪沙がですね。

美味しいです。

いや、可愛いです。

「ぷいにゅぅ・・・」

てっきり、ウンディーネになると思ったら、アイドルですからねwww

うちの家系から、アイドルですよ・・・

最初は、出来ちゃった的な感じでが、お母さん、驚いてたけどね。

まぁ、あの、智恵理と凪沙、可愛いんですけどね。

ってか、可愛い・・・

「そういえば、以前、時空を超えて会いに来たんだよね…」

「あぁ、あったわねぇ・・・」

ミッドチルダにも、アイドルはいるのですが。

AKB0048以上のアイドルが、いないのも事実なわけで。

お母さん、驚いてたわ…

突然のゲリラライブで、さらに、管理局が来たら、そのまま、また、時空の彼方に消えて行ってしまったって言う。

「ぷいにゅぅ、ぷい?」

「うん、ってか、アリア社長も、その時、いたでしょ?」

「ぷいにゅ。」

こくりと頷く姿が可愛いな。

「智恵理と凪沙・・・たぶん、向こうでは出ない。」

「ぷい。」

「まぁ、智恵理と凪沙と会話するお母さんとか書いてほしいけどね。」

「ぷいにゃぁぅ。」

などと、思う中で。

「そういえば、現実のAKBだと・・・総選挙とかあるよね?」

「あぁーそうなん。」

「0048にも、そういうの・・・」

「あるらしいよ?年に一回。」

「そうなんだーあるんだー」

ん?

「ぷい?」

「あるだとぉぉぉぉぉ!?!?!?!?娘に順位が付けられてぇぇぇぇぇ!?!?!?!?」

「ぷい、ぷいにゅぅ、ぷい。」

「まぁ、研究生だから、あれだけど、娘二人は研究生なのに人気あるからね。」

『そういう問題じゃないよ!?降順いすぎて、先輩たちから、陰湿ないじめを!!」

「ないない。」

「ぷいにゅぅ。」

アリア社長に心配されました。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ん~、実際のあれに興味がないので、たぶん出ないでしょうね(ぶっちゃけ
 しかし、クレアちゃんは、親バカなところもお父さん似ですね~。
 まぁ、見た目はお母さんで、中身は半々っていう設定だったんですが、だんだんとお母さんの方から遠ざかっていく感じが(苦笑
 まぁ、それもよしってところですかね(笑
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/02/16 06:23 | URL |

Re: タイトルなし

相当、可愛いようです。
向こうでは、旦那のほうがあれなので、なかなかできないんだとか、どうなんだとか。
お母さんの方は、あの、余程のことにならないと色々とあれなわけでございますが。
そんな感じでですね。
明日も、あれです。
頑張ります

| 月 | 2013/02/16 08:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5091-0aeddeab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT