PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホットケー



「杏子ちゃんのホットケーキおいしい・・・」

クリームの上に蜜柑が乗ってて、普通においしい・・・

「杏子、とっても、おいしいわ。」

「杏子ちゃん、お料理上手だね~」

「杏子ちゃん、お変わりー!」

「ほむにゃー!」

「私もお代わりー!」

って、感じで・・・

まぁ、あの、千歌音ちゃん、姫子ちゃん、そして、まどかちゃんというわけで。

まぁ、あの、あと、ほむらちゃんと・・・

アイリさん・・・

なんていうか、アイリさんが、普通に溶け込んでる。

最後は紹介しなくても分るだろうなー

なんて、思うのですよ。

「うめーだろー!」

杏子ちゃんが、なぜか、お菓子作りの名人になってる感も否めませんが、これは、これで悪くないです。

「おいしい・・・そして、天子に挟まれて・・・」

余慶においしい。。。

うへへっへへへへへ・・・・・・・・

変になってる?

気のせいですよwww

なんて、かんじで、あぁ・・・

きもちい。

この、空間、良い・・・

最高だわ・・・

「って、杏子ちゃん、また、食べるの?」

「イリヤねーちゃんとアリアの分も作ってやらねーとなー」

「杏子ちゃん、良い子だ・・・」

「にゃー」

美味しそうです・・・

しかし、杏子ちゃんのホットケーキは、この寒い冬に、よく、効きますわ・・・

暖かくて、暖かくて、仕方ないのです。

「ぷいにゅぅー!」

「ただいまー!」

あ、帰ってきた。

「オカエリー、イリヤちゃん。」

「ただいまです~クレアさん。寒いです~」

ガチガチに震えているわね・・・

なんていうか。

「あれ・・・?クレアさん(巨乳)の方は?」

「グランマのとこーお姉ちゃん、ここんとこ、向こうで泊まるのよね。」

「ぷいにゅ。」

アリア社長が、なんていうかですね。

今日は行かない・・・

と、言うことで。

「ぷいにゅ。」

「アリア、姉ちゃん、ホットケーキだぞ!」

「ありがとー・・・」

「ぷいにゅぅー・・・」

なんか、杏子ちゃんの笑顔って癒し系・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 まぁ、お父さんがお父さんだから、料理もお菓子作りも得意なんでしょうね、きっと。いわば、英才教育ですね。
 寒い日には温かいものが相場と決まっていますが、ホットケーキも悪くないかなぁ~と思ってしまいますね。
 イリヤさんが出てくると、付属としてアコさんもついてきますが、今回は出ませんでしたね。
 あれ、そういえば、イリヤさんが珍しく報われているような。
 アコさんが出てくると、まぁ、その、うん。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/12/30 06:24 | URL |

Re: タイトルなし

そんな感じで、杏子ちゃんの家庭的な面を見せて、圧倒される日々だそうな…まぁ、そんな感じで、英才教育です。
英才教育と言っても優しくですが。
まぁ、あの、アコさんは・・・実家に帰ってます。たぶん。ひょっこり、帰ってきますが。
イリヤさんは、今回は、普通にあれですからね。
出てきて、ホットケーキを食ってるだけですし・・・
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2012/12/30 10:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5018-da50d5b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT