PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かれしのために

ぷいにゅ


「…クレアが、悪いことをしそうな気がする。」

「え、なのは・・・?」

「クレアが、悪いことを…」

ニュータイプなのか、家族の絆的な物なのか。

なのはが、何かを感じ取ってる。

「そんな、クレアでも、アリア社長をレイプするとか、するわけないよ!なのは!」

「え、そっち・・・?」

あれ・・・?

私、なんか、違うこと言った?

「でも、アリア社長に、そういうことをしたいけど、あんなつぶらな瞳で…」

「フェイトちゃん、何を言ってるの・・・?」

「はい?」

あれ・・・?

そういうことをするのでは・・・

「クレアが悪いことをしませんように…」













とりあえず、なんていうか…

久しぶりにクレアちゃんですよ。

久しぶりに、大好きなガっくんのために、ケーキを作るのですよ。

ひさしぶりに、彼女らしいことをしているクレアちゃんです。

前、ちょっと、喧嘩しちゃったからね。

流石に、あの、これで、謝ろうかと。

ついでに、クリスマスでしたし。

ついでに、このまま、あの、ガっくんの童貞も欲しいんですけどね。

お父さんと、お母さんが見てない所でしか、こういうこと出来ないしね。

「くりゃー、なんだー、ケーキ作ってるのかー」

「ウェヒ~ケーキ~」

「ケーキ…」

「あぁ・・・マイエンジェル姫子ちゃんと、まどかちゃん・・・」

そして・・・

「ほむぅ・・・」

「じー・・・」

愉快な幼女ども…

芝居てやろうか…

等と、思いながら、あれです。

まぁ、それよりです。

「無視すんなー!」

「あ、杏子ちゃん。」

「ぷいにゅぅー」

「アリア社長まで。」

とりあえず、レシピはもらったので…

これから…

色々とあれでございます。

これから、色々と実験をして作って…

まぁ、作ったわけですが…

「此処に、色々とね・・・ティーダ兄さんからレシピを貰って作ったのですよ。」

「そうかーもきゅもきゅ」

「あ・・・」

「ぷい!?」

杏子ちゃん、何を、食べているの?!

食いしん坊なアリア社長だって、我慢したのに!?

気づけば、皆に分けてる、ガっくんの分がねー!!www

「下心丸出しで創ったなーこのケーキ、20点。」

評価も低いwwwwwwww…

低すぎじゃね?

いや、マジで、あの…

ちょっと…

「え、20…?」

「20-!」

「ぷいにゅぅ…」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 あーあ、せっかく作ったケーキが(汗
 でも、下心ありで作っているからなのか、評価がダントツに低いですね。
 まぁ、このくらいの年頃だったら、多少の下心はあって当然かもですね。
 しかし、杏子さんは躊躇ないですね~。
 そして、今回は辛口だった。
 認められる日はいつ訪れるのやら。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。
 では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/12/29 06:23 | URL |

Re: タイトルなし

下心のせいで、糖尿病になりそうなくらい、甘すぎたとかどうとか。
クレアちゃん、今回は、残念と言うことで。
ケーキ引き合いに童貞を・・・って、感じで、いや、庵でもないです。
杏子ちゃんは、じゃ気的なものを感じたのかも・・・
辛口はいつも通りだから、アレな感じもします。
認められる日は・・・いつでしょうね。
そんな感じで、あれです。
明日もですね…
頑張りますよ?

| 月 | 2012/12/29 10:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5012-726baca0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT