PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甘い噛み

かぷ


「アリア社長、こんにちは。」

「社長さん、足、寒くない?」

「社長さん、私、社長さんに靴下持ってきたんだけど…」

つーことで、あれです。

珍しく、ガっくんとアリア社長がですね。

一緒にいる。

って、言う…

あれなんですけどね。

なんていうか、アリア社長とガっくん。

って・・・

まぁ、あの、ガっくんを最近、描いてないが故にですね。

いろいろとあれでございますわ。

と、まぁ、そんな感じで。

「ただいま帰りましたー」

「ぷいにゅぷいにゅぷいにゅぅ~い♪」

と、まぁ、そんな感じで、アリア社長が帰宅しました。

桃子さんですよ。

「あぁー・・・アリア社長、すごい人気だー・・・」

食材を置いて、なんていうか、ガっくんとアリア社長って珍しい組み合わせ。

いや、本当にね。

「なんで…あの二人…?」

寒いから、こたつの中で…

って、言うあれ。

「ぷいにゅぅ~」

「社長、すごい人気だわ…」

ガっ君も、ああいう状況で、いろいろと社長を知れたからいいのではなかろうか。

なんて、思いながら…

「ぷいにゅぅ、ぷい、ぷぷいにゅぅ。」

「アリア社長もカー」

「ぷいぃー・・・」

ま、そんな感じで。

「ぷいにゅぁー・・・」

アリア社長が眠そうです。

と、言うことで…

寝るようですね。

寒い中、歩いたから疲れたんでしょ。

ガっくんと、アリア社長。

えぇ。

まぁ、ここで、いろいろとみてみるとしましょう。

「ぷいにゅぅ・・・」

ガっくんと添い寝するアリア社長…

アリア社長が、ガっくんの上に寝ぼけて乗って…

「ぷぅぃ、にゅっ!」

「っ!?」

甘噛みする・・・

うん・・・

「にゅぅー・・・」

そして、何故か、キスマークをガっ君の体に付ける。

うわー・・・

これは、面白そう・・・

そして、何か所も・・・

「ぷにゅにゅい・・・ぷいにゅぷいにゅぅ~・・・」

と、まぁ、そんな感じで、ちゅっちゅしまくりですね。

アリア社長。

えぇ・・・

まぁ、なんという、ほほえましい環境でございましょうか。

「ぷい?」

んで、アリア社長が目覚めれば、アイリの腕の中。

んで・・・

ガっくんはというと…

「ガっくん・・・私がいながら・・・なんで、そんなにキスマークがいっぱいなのかなぁ…?」

うん・・・

面白いことになってた。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ガっくんが哀れですね(汗
 まぁ、今回ばかりは、なんと言っても信用されないでsっようね。実際に証拠がありますから(汗
 ただ、まぁ、実際は浮気というわけではないんですけどね。
 それでも、浮気とほぼ断定させられてしまっているガっくん。本当に哀れなものです。
 そんなガっくんの姿に哀れみを抱きつつ、今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/01/23 10:24 | URL |

Re: タイトルなし

ガっ君、こういうキャラであってこそ、がっくんですからね。
今回は、そういう部分を色々と・・・やりまして。えぇ・・・楽しいですねぇ。
実際は、あの、浮気に近いような気がしないでも。
クレアちゃんのご機嫌取りに、財布の中身がなくなったんだとか。
ガっくんのすがたは、今年、色々とあれだったそうです。
そんな感じで、アレです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/01/23 19:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5005-c7f02c2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT