PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

密着

ぎゅー


「ぷい、ぷいにゅぅ~」

アリア社長が頬を持ち上げて喜ぶほどに、おいしい時間。

それは、お昼御飯です。

まぁ、朝ごはんも、晩御飯もそうなんですが。

「アリア社長、暖炉の近くで踊ると危ないですよ~?」

「ぷい、ぷいにゅ。」

と、まぁ、冷静さを取り戻してあれなんですけどね。

喜んでるなぁ…

とか、思いながら、あれです。

まぁ、おいしいから仕方ないんですけどね…

こればっかりは。

これに限ってはねぇー・・・

仕方ないよねぇ。

なんて、思ったりするのです。

「ぷいぷいにゅ。」

「そうですねぇ・・・」

「ぷいにゅ。」

寒いですね。

アリア社長。

みたいな感じで…

お腹の子供は、まだ、あれですね。

お腹の中で、暖まりたいようです。

ぬくぬくですからね。

そろそろ、年末ということで、皆さん、いかが、お過ごしでしょうか。

クリスマスとか、そんなことも、いろいろとございましたし。

うん…

「ぷいぷいにゅ。」

あったかいですね。

なんて、思いながら、お茶を飲むわけでございますが。

「おいしいですか?アリア社長。」

「ぷい。」

これで、うどんが・・・

「お待たせ~桃子~一緒に食べよう~」

「ぷいにゅぅ~~~!!!!」

アリア社長、踊るほどに喜んでるわ。

「クレアおばさんは?」

「あぁー、ほかの会社に行ってるよ。」

・・・あぁ、あれか、痴女だから、あれか。

なんて、思いながら、まぁ、良いか。

なんて思ったりすごいですよね。

結婚しても、女、食ってるし。

はぁ・・・

「ガっくん!どうして、密着しないのかな!?」

「だって、皆、見てるし!」

「だって、皆、してるじゃん!」

「余所は余所だからね!?」

アぁ、なんていうか…

こっちは、こっちで、あれだね。

と、いうことで・・・

まぁ、あっちはあっちで、こっちはこっちで。

なんで、こんなに違うんだろう…

と、思いながらですね…

寒いですね。

「ぷぷい?」

「さーむーいー!」

「ぷい?」

「アリア、ぬっくい。」

「ぷい。」

イリヤちゃんは、それで、あれなんだけど。

「冷や汗・・・出てるよ?」

「だって・・・」

「イリヤ・・・」

「寝顔は可愛いんだけどな…」

あ、アコちゃん、いたのか。おい。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 アリア社長の喜びの影でいつも通りな言い争いをするうちの子たちとなにげに密着していたイリヤさんとアコさん。
 まぁ、いつも通りの光景ですね~(笑
 イリヤさんはアコさんにまだ攻略されていないようですが、それも時間の問題な気がしてなりませんね(汗
 うちの子たちも、うちの子たちで、相変らずの言い争いですね。本当にバカップルです(苦笑
 そんな相変らずの光景ですが、アリア社長がいると不思議とでなごみ空間になりますね。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/01/22 06:41 | URL |

Re: タイトルなし

普通・・・ソレは、普通にいいことかなーとか、まぁ、なんていうかですね。クレアちゃん、密着できてませんね。本当に。
いつもどおりだけど、ソレを送れることが幸せな感じで。
イリヤちゃんは、簡単に攻略されませぬ。時間の問題とはいえ、流石に危険。
ガっくんは、なんていうか、あれですね。不運ですわね・・・
アリア社長は癒しです。
そんな感じで・・・
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/01/22 09:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5003-fd750c5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT