PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あー・・・

忘れてた


「あ、そういえば、僕、一か月以上、出番がない!!」

なんて、感じで、始まりましたわね。

「兄上は、ポケモン廃人だったからのぉ。」

「いや、エレノアさん、なんですか…その口調・・・」

腐女子となった、エレノアちゃん。

そして、ガっくんは・・・

「そういえば、そうだね。ガっくん。」

まぁ、こいつは、こいつで、いつも通りじゃね?

なんて、思ったりするわけでございますが。

ま、なんていうか、いろいろとあるよね。

「ってか、生きてたのね。」

「生きてたよ!?」

さりげなく、ひどいこと言われてるし。

まぁ、なんだろう…

それくらい、音沙汰なかったもんね。

ガっくん。

そりゃ、仕方ないわ。

なんで、音沙汰がなかったって言えば、まぁ。

「ってか、なんで・・・また・・・」

「ぷいにゅぅー。」

とりあえず、アリア社長も心配していたわけでございますが。

「ポケモンやってた・・・」

まぁ、今や、物凄い廃人育成ゲームと呼ばれているしね…

ポケモン…

なんて言うか…

うん・・・

やりすぎはよくないよね。

とはいえ、男の子は、ああいうものにハマっちゃうと、簡単に抜け出せないからね…

なんて、思うのよ。

「ぷいにゅぅ。」

「はい・・・すいません・・・アリア社長…」

さすがに、アリア社長に謝罪する。

って、言う感じで…

これはなぁ・・・

仕方ないよね。

「ガっくん・・・?」

「ハ、ハイ!」

いや、でも、こればっかりに関しては、あたしも言いたいことがあるんだけどさ。

「くれあちゃん、これは・・・」

「ガっくんはゲームなんだ。」

「いや、そういうわけじゃ…」

「いや、でも、止めなかったクレアちゃんも問題あるよー?」

と、思うわけで…

クレアちゃんのあれに関しても、あれだよね。

「理不尽だよね…?」

「いや、でも、違うもん!違うの!」

「どう、違うのよ…」

「だって、ガっくん、彼氏だもん!付き合ってたら、私のほうを優先するはずだもん!」

んな、むちゃくちゃな。

「ぷいにゅぅ。」

「ほほほ、兄上と姉上の喧嘩じゃ。」

「いや、エレノアちゃん?」

「ほっほっほ。」

どんどん、この子はキャラが崩れていくわね…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クレアちゃんのトンデモ理論が炸裂ですね~。
ガっくんは、相変わらず大変ですね。
それにしても、久々に登場しましたね、ガっくん(汗
その理由がポケモンとは(苦笑
まぁ、ガっくんくらいの年代だとハマるのも仕方がないですね~。
そんなガっくんに、いや、彼氏を夢中にさせたポケモンにジェラシーしているクレアちゃんの機嫌を取るのは大変でしょうね、きっと。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2013/01/21 05:56 | URL |

Re: タイトルなし

クレアちゃん、あれですからね。嫉妬深いですからね。
ガっくんが、精神的にやつれて行くのも時間の問題か。
何か月ぶりですかね…彼の登場も。
その理由、ポケモン…やると、ハマります。大学生でも・・・それで、単位を落とす友人を何回見たことか。
本当に、やるとハマりますよ。
そんな感じで、夢中になってるポケモンに対して、この後、クレアちゃんが没収したんだとか。
大変な彼女を持ったものです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2013/01/21 10:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/5002-893081ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT