PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冷えひえ

一人と一匹


「姫子ちゃんと、千歌音ちゃんは、本当に仲が良いんだね~」

「そうなの~!」

アリア社長はいないけど、子供たちは元気です。

「あ・・・電話・・・」

「寒い・・・」

「ぷいにゅぅ・・・」

今日は、珍しく一号店を切り盛りしているわけですが・・・

ネオ・ヴェネツィアの冬はご存じのとおり、寒いです。

とりあえず、暖房を入れて、こたつセットで、お客さんが来たら、色々とアレだったり。

ついでに、吹き抜けのアリアカンパニーがちょっと辛かったりするので、あれです。

窓とかね、あの、色々と付けてですよ。

それにしても、

「寒いですね・・・アリア社長・・・」

「ぷいぷいにゅ…」

って、感じで、あれですよ。

そんな感じで、桃子姉さんです。

「ぷいにゅ~」

社長が珍しく、今日は沢山…

なんて言うか、ほら、あれですよ。

密着してくる。

「どうしたんですか?アリア社長。」

「ぷぷいにゅ。」

本人いわく、こうして、くっつくことで暖をとっているんだとか。

…でも、その毛並みのがあったかいんじゃない?なんて、思ったりするのですがね。

まぁ、寒がりですからね。

こうして、アリアカンパニーで働くときは仕方ないとはいえ。

「早く、こたつに入りたいですね~アリア社長…」

「ぷいにゅぅ…」

とりあえず、あの、二階にあるんですけどね…

ただ、お客様が来るかもしれないと思うと、出られない。

「ぷいぷい。」

まぁ、あれだ。

アリア社長を抱っこしてですね。

「あったかい・・・」

「ぷいぷいにゅ。」

アリア社長の暖かさがヤバいです。

ただ、横風が来ると・・・

「寒い・・・」

「ぷいぷいにゅ…」

とりあえず、冬場はきついですわ…

こうして、お客様が来る予定なんだけど・・・

来ない。

そして、寒い。

「ぷいにゅぅ・・・」

もちもちぽんぽんを露出しているわけでもなく、なんていうか、あれなんですけどね。

「娘を抱っこしたい・・・」

「ぷいにゅぅ・・・?」

「うん・・・そう。会いたいのですよ。社長・・・」

「ぷいにゃぁぅ。」

思ってたら、雪が降って、もう、どうにもならない状況…

「これで、来るんですかね・・・?」

「ぷいぃ・・・」

「桃子ちゃ~ん!アリア社長~」

「あ、お婆ちゃんだ…」

寒いのに、姫子と千歌音まで抱っこして・・・

「「ママ~」」

「どしたのー?」

「にゅー?」

「さっき、キャンセルの電話が入ったよ~」

「入ったの~」

・・・そういうことね・・・

理解しました。

この後、子供の温もりを感じながら帰りました。

姫子と千歌音、あったけぇ・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 娘をある意味カイロにしていますね(苦笑
 まぁ、それだけの寒さということでしょうけどね。
 アリアカンパニーは特に、海の上ですからね、寒さもひとしおでしょうね。
 夏とかは逆に涼しいかもですけど。
 それにしても、寒い中待っていたのに、キャンセルって辛いですね。
 まぁ、娘やおばあさんが来てくれたから、帳消しですかね。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。
 では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/12/28 06:38 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、寒いと結構きついらしいです。ネオ・ヴェネツィア。
それだけ、寒いんでしょうけど…えぇ。体に、結構、答えるらしいですよ?
一応、エアコンも聞いているとはいえ、色々とアレなようでございます。
色々と、この点においては・・・
まぁ、仕事のキャンセルに関しては、本当に勘弁してください。って、感じですよねw
本当に、あの、電話が無かったら救われませんよね~
とか、思いながら。
明日も頑張ります。

| 月 | 2012/12/28 11:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4978-aa0ce77b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT