PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノワ

ぷいにゅ


「アリア社長は何処にいるのだ。」

「あ、アレインちゃんだ。」

エキドナ先生の娘のアレインちゃん。

「ごきげんよう。イリヤ姉さま。」

アレインちゃんは、目つきはきついけど、あれです。

重苦しいけど、色々と良い子です。

基本は。

アレイン、良い子ですよ。

とりあえず、フローレンス家INアレインちゃんと言うわけで。

「どしたの?」

「我が妹であり彼女であるノワが、アリア社長に会いたがっておるのだ。」

しかし、3歳くらいだよね・・・?

何で、こんな重苦しい言葉なの?

いや、なんていうか。

前世の影響を受け過ぎてるのではなかろうか?

と、思ってしまったりしているわけでございますが。

「・・・そこらへんにいるとおもうけど、ってか、そのノワちゃんは?」

「連れて帰るだけだ。」

連れて帰る・・・

「いや、だから、ノワちゃんは・・・?」

「家だ。」

「なんで、連れてこないの?」

「まだ、1歳だからだ。」

「そうか・・・」

まぁ、そんな感じで、色々とあるんだけど。

「アリアは・・・寒いの苦手だから、外には余程のことが無い限りでないと思うよ?」

「むぅ・・・」

なんて、かんじで、あれでございます。

「ぷいにゅぅー?」

もちもちぽんぽんを露出して、それは、出てくるわけでございます。

「アリア。」

「ぷいぷい。」

「へ?」

「ぷぃ~」

って、感じでですね。

なんか、アリア社長が空に向かってお願いしたら・・・

「あれ?」

「ノワ!?」

「アレイン、おねーちゃん?」

あぁー・・・

アレインちゃんとノワちゃんも、前世から約束された百合夫婦か。

なんか、来たー…

「ぷいにゅ。」

「ノワ、あいさつ。」

「はい!はじめまして。アリア社長。ノワです。」

「ぷいぷいにゅ。」

これ、来ちゃったわ…

ケット・シーさんの力、使っちゃったわ。

「う?」

「アイリおねちゃんだー!」

「う。」

よ。

と、言っているかのような、あれです。

アイリちゃん、メイド服を着ながらも、女王様気質です。

うねうね動く、ぶよぶよしたピンクを持って行きながら。

まぁ、そんなことよりですね。

「ぷいにゅぅ?」

アリアのもちもちぽんぽんを気にいったようです。

「もちもち~アレインおねえちゃんのからだみたい~」

・・・色々と夜の行いが良くわかる台詞でした。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クイブレ勢が久々に登場ですね。
まぁ、アイリさんは、よく出ていますが、他の方はあまり、でしたからね。
まぁ、それはさておき。
このふたりは、相変わらず、ですね。
なんというか、微笑ましい感じで。
アレインさんは、相変わらず、変態っぽいですが、いいお姉ちゃんでもあるみたいですし。
クイブレ勢がまた盛り返してきそうですね。
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/12/22 05:38 | URL |

Re: タイトルなし

クイブレ勢は本当に、久々に・・・
アイリさんはなんていうか、凶悪な性能であるがゆえに、いろいろとありましたからね。
そんな感じでぇー
アレインさんと、ノワはこういうスタイルのが合うというか。
ノワとアレインさん、なんていうかですね。えぇ・・
まぁ、変態といっちゃえば、変態でございますし。良いお姉ちゃんではあるですが、残念な結果になってしまって。
盛り返すことは、ないような?
そんな感じで。
明日もがんばります。

| 月 | 2012/12/22 10:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4967-6578835c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT