PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

装甲機兵ボトムズ 孤影再び


装甲騎兵ボトムズ 孤影再び (角川コミックス・エース)装甲騎兵ボトムズ 孤影再び (角川コミックス・エース)
(2011/05/26)
高橋 良輔

商品詳細を見る

とりあえず…かなり、前に見たけど、感想を書くことをすっかり忘れていたような感じでございますけどねーえぇ。どんだけだよ・・・って言う、一年前の作品をいまさら…まぁ、そんな感じでですねー・・・感想は、なんていうか、まぁ…あれですよ。これは、小説版を読んだ人向けのサービスだなーと、思った。
元より、「孤影再び」をやる場合は、赫奕たる異端レベルで、話数が必要だと思うのだけれど、これは、2話分くらいの、量しかないわけで。
ぶっちゃけ、小説版を読んでないと何故、テイタニアがアレなのか。
とか、そういう部分はよくわからないと思いますわ。いわゆる、なんていうかですね・・・ファンサービスと言うか、なんと言うかな、そんな感じでございます。
ファンディスクよね…最初に、小説版を読んでから・・・
って、おもうんだけどね。
まぁ、ある程度の、あの後のテイタニアの補完と言うか、なんと言うか、そんな感じがしますね。んー・・・とはいえ、彼女も、キリコの毒に降りかかってしまった哀れな女ではあるよなぁ…ただ、キリコの毒に取りつかれたまま、その狂気に取りつかれたと言うべきか。
ロッチナは、そうなると・・・まだ・・・なんというか・・・哀れな存在とでも言うべきなのだろうか。どっちが、哀れなのか、どっちが救われたのか。
そんなことを考えさせてくれるのが、この孤影再び…キリコと言う毒から脱することが何とやらーって、感じでですね。
まぁ、再版されて良かったわ。なんて、思いながら…
アニメ版を見ていました。
って、感じでですね・・・

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]
(2011/04/22)
郷田ほづみ、富田耕生 他

商品詳細を見る

アニメ版を見ることを勧めますわ。
って、感じかなぁー・・・
まぁ、相変わらずのCGのATとか、他にも、あれです。
色々とですねぇ。
あと、なんか、あったかなぁ…
ココナとバニラ、ゴウトのやり取りも良いけど、個人的に、あれですよ。幻影編を見た方が何とやら・・・って、部分もあったりと・・・まぁ、ちょっと、歴史を垣間見る程度の作品としてとらえるなら、このアニメ版孤影再びは、良い作品のような気がしないでもない。
まぁ、この尺のアニメだとね・・・
ボトムズファインダーも、Case;IRVINEも描写不足敵な部分は否めないけど、そこは、あれじゃないかな。視聴者に想像しろ。って、さ。
言ってるような感じなんじゃないんですかね。
月さんは、そう思いますよ。
大体、これで、まだ、あれだけどさ・・・今日日のフジテレビとかでやってるドラマなんて、キャラが立たずに好きだ嫌いだやらないで、やんややんや煩いだけだもん。品が無い分、多少の描写不足感があってもですね、この、孤影再びは、面白かったと思うのよ。
あの、短い尺で孤影再びを描くなら、色々とあれですしね。
キリコのフィアナへの食材と言うか、自分のせいで巻き込んでしまった者たちへの贖罪とも見れる形で、幻影編が・・・なんて、思いながら。
まぁ、これも、アニメ版の孤影再び…は、幻影編のプロローグとして見ると良いかもね。
なんて、思いました。
以上

| ボトムズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4944-f009943d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT