PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケット・シーとアルティメットまどかと

アリア社長


クレアちゃんですよ?

「ウェヒ~」

「ホムゥ~」

「ぷいにゅぅ~」

などと、なんか、まどかちゃんやほむらちゃんによく似た生き物と・・・

なんていうか…

あれかな…?

噂に聞く、ごまどかちゃんと、ほむらっこちゃんって奴ですかね…?

それと、仲良くしてるのは…

アリア社長…?

アリア社長。

アリア社長が、可愛すぎてヤバいですわ。

しかし、周りにいる、噂の…

ごまどかちゃんと、ほむらっこちゃんも可愛いなぁ。

「ぷぅぃ♪」

そんな、アリア社長を抱きしめる、黒いドレスを着た黒髪のお姉さんを見たとき、あれです。

「あ・・・ケット・シーさんか・・・」

そして、ケット・シーさんの庭園であると理解した時にはあれです。

「どう?この世界は。楽しんでる?」

等と、思った時は、色々とあれでございます。

「はい。私のもう一人のお母さんにも優しくしてもらってますし。」

目の前にいるのは、まどか様…?

アルティメットまどか様でございませぬか…

あの、神々しい白いドレスがなんていうか、色々と可愛い。

「そう。ついでに、恋人とも仲良さそうね。」

「はい。」

って、あの、黒い髪で赤眼鏡・・・

これは、あれか。

なんていうか、あれなのか…?

「ぷいにゅぅ。」

メガほむちゃんか・・・

名前は、凄いけど、眼鏡をかけてるほむらちゃんの略って言う…

なんていうか、色々とあれですね。

まどかちゃんにくっついて離れないって言う…

「あ、あの、まどか?こ、この人は!?」

「この人はね、ケット・シーさん。元の世界からこの世界に送ってきた人だよ。」

そういえば、色々と複雑な経緯を持つまどかちゃんだけど、あれだよね。

そういえば、元神らしく、こうして、名残としてケット・シーさんに介入できる持ち主に一人と言うか、なんというかでですね。

「貴女が楽しそうで良かった。」

「ウェヒ~」

しかし、何故、この世界に…

ごまどかちゃんが存在しているのか…

まどかちゃんの膝の上に乗って、喜んでたりするし。

「ぷいぷいにゅ。」

なんていうか、見ていて、神々しいなぁ…

この面子…

「この世界を楽しんでちょうだい。貴方が出来なかったことは、全部、此処で出来る筈だから。」

「はい。」

「ほむらちゃんも、まどかちゃんを幸せにしなきゃだめよ?」

「は、はい!」

しかし…

どうして、私は見ているだけなのだろうか…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ほむらさんが借りてきたネコのようだ。
 まぁ、メガほむ状態だとそうなっちゃうんでしょうね、きっと(苦笑
 まぁ、眼鏡かけていようが、中身は変らずにまどかさんラブでしょうけど(笑
 それでこそのほむらさんですけど。
 ほむらさんとまどかさんには幸せになってほしいものですね。
 できることならば、この世界のほむらさんには、クレアちゃんを敵扱いしなくなれば、って、ああ無理ですか、そうですか(汗
 とにかくです。今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/10/23 06:30 | URL |

Re: タイトルなし

とりあえず、アルティメットまどか様に眼鏡をかけられた状態にされました。
まぁ、メガほむですからね~どっちも、可愛いんですが。
メガほむ状態から、まどかを愛するようになりましたしね。この状態でも、愛情は100%です。
やっぱ、まどほむじゃないと。
この二人は、この世界だと幸せになると思いますよ~等と、思いながらですね。
クレアちゃんも、まどかちゃんは私の嫁ウェヒ~的なことを言わなければ大丈夫なような気もしないでもないんですけどね。はい・・・こればっかりは。
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2012/10/23 10:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4929-3e466955

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT