PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なのー(・ω・)

(・ω・)


姫子と千歌音が、なんていうかですね。

妹が出来て嬉しいような。

まぁ、モモちゃんと一緒に住んでる、此処の子達は皆、お姉ちゃんですし。

ぷいにゅぅです。

「ぷいにゅー」

まぁ、なんていうかですね。

アリア社長が、こうして、抱きついてですね。

お腹に耳を当てて新しい生命の鼓動を確認するわけですが。

「ぷいにゅぅ~ぷいぷい♪」

なんて、感じで、アリア社長可愛いですわ。

なんていうか、こうして、胎児と話しているのかなー?

なんて、夢見がちなことを言ってみますが。

「ぷぷい?」

あぁ、アリア社長、可愛い。

こうしているの、可愛いわ。

アリア社長、こうしているの、可愛いわ。

もちもちぽんぽんがあたしのお腹に当たって気持ちいですよ…

気持ちよすぎて、眠くなりますよ。

これ…

これ、眠くなるわ…

「なのはも、フェイトちゃんの子供欲しいのー」

「え・・・?」

なんていうか、何で、お前がいんだっけ?

って、印象が強いわけですが。

「アリア社長~あそぼ~」

「ぷいにゅぷい~」

って、感じで、まぁ、アリア社長が姫子と千歌音に声を掛けられて、あれですよ。

行ってしまいましたよ。

アリア社長、暖かかったのになー

最近、色々とあって、あたしは休みが多いわけですが。

それでも、週3くらいで、アリアカンパニーで働いてますけどね。

なんていうか、眠い…

と、思ったら…

なのはか。

入れ違い…

「なのはが、帰ってきたのに、なのはの出番が少ないのー」

「あんた、戻ったんじゃなかったの?」

「・・・たまには、向こうのフェイトちゃんとなのはにも営みが必要なのー」

「そうかー」

「向こうのなのはは、凄い性欲がたまっていて大変だったのー」

「そっか・・・」

お前も、そいじゃなかったっけ?

まぁ、逆転してから大変なことになったんだっけ。

「淫獣だったのー」

本人が聞いたら怒るだろうなー

なんて、思いながら、あれです。

「フェイトちゃんはどした?」

「お手伝いしてるの。」

「そっか。」

「なのはも、桃子お姉ちゃんにお手伝いなの。」

「そうか・・・」

しかし、やること無いような気がする…

「ってか、あんた、何、良い子アピールしてんのよ。」

「なのはも、色々と成長しないとダメなの。」

なんか、なのはじゃない・・・

「こいつ、本当になのはか…?」

「なのはなのー」

ただ、根本は変わってないような気がした…

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ケダモノ呼ばわりされていますね、うちの白い人(汗
 まぁ、言えなくはないかもですが、あれでも一応理性はありますけどね(汗
 まぁ、それはさておきです。
 こちらのなのはさんは完全に嫁気質ですね。
 そのうえ、未来には、えっと二十人でしたっけ? 子供の数(汗
 ギネスブックに載りそうな気がしますね(しみじみ
 今回もごちそうさまです。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/11/29 09:46 | URL |

Re: タイトルなし

あの、だいぶ、性欲がたまりにたまって大変なことになってたようです。
そんな感じで、なのはも、あの、流石に空気を読んであげたんだとか、そんなことも無いんだとか。
そんな感じでですね。
こっちのなのはは、嫁気質です。
まぁ、あの、子供の数は、色々とですね。大変なことになってますが。
世の中、気にしない方向で。
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります

| 月 | 2012/11/29 17:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4908-347c9817

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT