PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今週のソルブレインは神回


特救指令ソルブレイン VOL.1 [DVD]特救指令ソルブレイン VOL.1 [DVD]
(2010/10/21)
中山幸一、森みつえ 他

商品詳細を見る


そんな感じで、今週の奴を見ているわけでございましたが・・・バイオマンはシルバが登場したりと、あれですよね。バルジオンの影が現れたりして、かっこいい!!!
なんだ、もう、バルジオンのデザインは・・・
まさに、敵ながら、あっぱれ!!!
って、言いたくなるようなデザインですよね…
いよいよ!!!!
この話を待ちに待った!
本当に、好きなんだよ!
特撮界で、一番好きなキャラは、何をかくそう、香川竜馬・・・ウインスペクターの香川竜馬、その人なんだもんなぁ。
今でも、変わらないよ。
だって、初めて見たヒーロー何だもん。
それに、あの、爽やかぶりに憧れたなぁ…
子供のころは、戦隊ごっこで余る場合は、ブラックコンドルか、香川竜馬のどれかを演じてたくらいだしw
まぁ・・・あれですよ・・・
こっかkら、ソルブレインの本番が始まる・・・
そして、ウインスペクターの正式なる続編である…

特警ウインスペクター VOL.5<完> [DVD]特警ウインスペクター VOL.5<完> [DVD]
(2010/09/21)
山下優、宮内洋 他

商品詳細を見る

第21話「帰って来たWSP (PART-I)」
第22話「非情のファイヤー (PART-II)」

が、配信されましたー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
わぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これ、本当に、僕が、ソルブレインの中で好きな話なんですけどね?
このウインスペクター編とナイトファイヤーが参戦してからの話が、本当に面白い!
この最初は、子供の頃、ファイヤーの非情さに驚いたのよ。
でも、後のあれ。
23話で真相を知った時は、大泣きしたの覚えてる。
竜馬が、此処まで非常になった理由って感じでね。
最初は、戸惑うのよね。
それでも・・・真相を知って・・・
ってのは、良いよねぇ・・・
そして、竜馬さん、やっぱイケメンすぎるwww
僕の中の、鋼牙や翔太郎、ゲン、ダイゴを超えるほどの、大好きなヒーローですよw
大樹もかっこいいんだけど、竜馬さんの前では、劣るねwww
やっぱ、ウインスペクターかっこいい!!
って、思えて、仕方なかった。
これは、もう、次回の23話が配信されたら、ウインスペクター編は総括記事を書こう♪
そんな感じで、以上!!!

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分は、ギリギリ小学生の時がソルブレイン放映中
でしたが、弟が5歳くらいで相当ハマってましたね

自分も、竜馬先輩の豹変には驚きましたが
大勢の命を救う為には、メサイヤを遠くで破壊するしかない
というのは判りますが、あの時点でメサイヤは人間としての
記憶を取り戻している訳で、そんな人間に「自爆してくれ」
「そんな事して何になる!」
とかは相当言い過ぎな気がしていました

実際、甘い甘いと最初から思っていた
大樹さんのメサイヤの心情を汲んだ心が、メサイヤに
妻子の為を思い、ロボットとして死ぬという決意をさせた
のでこの回ばかりは大樹さんの行動を評価したいです


竜馬さんは、ICPOで世界を股に掛けた行動で
日本に居た時のような、少数を守るという行動から
多くを助ける為に、少数を割り切るという
現実の警察然とした行動に概念が変化したっぽいですよね

まあ、その竜馬さんは、もとより心を救う事を第一にした
ソルブレインと言えども、高岡の心は救いきれず
完全敗北する訳ですが

| 名無しる@ふわさん | 2014/03/28 18:25 | URL |

こめんと、ありがとござますー

あたし、3歳の時だったそうな。
なんで、記憶に残ってるのかはよくわかりませんが。

やっぱ、豹変には驚きますよねー。
記憶を取り戻しても、もう、人間ではなく兵器であるからこそ、もう、現世に生きていても辛い思いをするばかりであると言うことも汲み取ってんのかなーとかは、思いました。
まぁ、確かに例の台詞は言いすぎでしょうけどね…
でも、ウインスペクター時代でも、そういうことは言わないような気がしないでもないんですが、結局、なんとやらです。
やっぱ、違和感があるんですよねー。

大樹との対比的な構図を描きたかった部分も見受けられますわね。
それでも、出てきてくれたことは嬉しいんですがね。
難しい問題ですが。
ウインスペクターの最終回で答えが出なかった答えのようなものが、此処で、一つの回答を得たようにも思えます。

> 多くを助ける為に、少数を割り切るという
そう決心させるほどの大きな事件があったんだろうなーなんて、思うんですが、それを、ちょっと描いて欲しかった感がありますわ。
結局、描かれないままに終わってしまったのが、ちょっとした心残りだったりもします。


高岡の件は、難しいですわな。

| 月 | 2014/03/29 00:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4861-6065631e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT