PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ULTRAMAN 一巻


ULTRAMAN(1) (ヒーローズコミックス)ULTRAMAN(1) (ヒーローズコミックス)
(2012/09/05)
清水栄一、下口智裕 他

商品詳細を見る

そんな感じで、これも購入してきたわけでございますですわよ。
ラインバレルコンビの描く新たな切り口でのULTRAMAN人から見れば、アイアンマンの二番煎じにしか見えないとか言われてるけど!!けどだ!!
こっちのほうが、アイアンマンより面白いから、良いんだよ!!!
元より、二番煎じって言われてても、設定が全然茶うやないか!!って、話ですよね。全然、違いますよ。スーツとか、そこらへん以外は、ちゃんとウルトラマンしてますよ。
って、感じで、まあ、なんていうか、あれですね。
壱話から六話のゼットン星人の下りまで描かれてますね。
その間奏に対しては、まぁ、あの、書く感想を見ていただくとしてですね。
やっぱり、見て行くと、纏めて読んでみるとですね。
ウルトラマンとしての力を得てしまった何かとかね。
人間ドラマは、まだまだ描けてないのは、考えてみれば、3話くらいから、ずっと、戦闘してたんだもんなぁ。
そこから、あれですよ。
物語は動いてるようで、まだ、作中じゃ一日しか経ってないんだもんねー
受け入れて行って、自分の力のあれってのを得てですね。
やっと、本来の人間ドラマに入っていくんだろうな。
ってのが、そういう・・・あれ。
アマゾンにあったけど、あの日数で人間ドラマがどうのこうのって言われてもwwwって、話ですよ。
大体、いちにちっても、数時間ですからね。
まぁ、自分の好きなウルトラマンじゃない。って、あれなんだろうな・・・
まぁ、これでガンダムAGEみたいにつまらなかったり、ガンダムAGEのように、滑るの前提だったら、まぁ、非難は仕方ないけど。
この二人のラインバレルコンビの実力は、HYBRID INCECTERで見せつけられてますし、なおかつ、ウルトラマンと言うより、特撮作品を、自称ガンダム好きだよーって言ってる某金の亡者以上にリスペクトしている二人ですからね。
面白くなくない筈が無い!!
って、ことですよ。
そんな感じで、一話から六話まで通して見て、これから、どう動くんだろう。って、言う・・・興奮でいっぱいでしたね。
今回で初見でハマった人は・・・
え、ゼットン星人!?
って、思ったに違いない。
まぁ、以前よりセブン単品の作品は腐るほど多いし、セブンの息子まで出ちゃったんだし。
こういう、初代をメインに置いた作品も良いのではなかろうか。なんて、思いました。
仮面ライダーも平成ライダーと言う形で、徐々に進化する形で、このウルトラマンもね。また、巨大ヒーローとは別の形で、進化するようなウルトラマンと言う存在があっても、良いのではなかろうか。
なんて、僕としては、思いましたし、やっぱ、面白かったね・・・
ついでに、あれよ。
巻末には、ウルトラマンスーツの設定集や解説もあって、素敵さんですよ~!
うぅん、やっぱ、かっこいい!
って、感じで、以上!!

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4848-a37f7070

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT