PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

せんのう

そこまで


「アリア社長は可愛い・・・アリア社長はザフィーラよりも良い子・・・アリア社長は・・・」

「フェイトちゃん、催眠行為なの・・・・・・」

「アリア社長は可愛いのはわかるけど、あれ毎晩見るのは怖い・・・」

フェイトちゃん、催眠洗脳なの・・・













「あ・・・なのはが、いるような気がする・・・」

「気のせいじゃない?」

「気のせいじゃないよ。たぶん。」

なんて、感じで、まぁ、だるいですね。

今日は・・・

「あー・・・眠い・・・」

「寝ちゃいなさいな。桃子は人一倍人気あるんだから。」

「お母さんの現役時ほどじゃないけどね。」

「あらあら。」

母はやっぱり尊敬するような人物ですわ。

いや、まじで。














見るのは定期的にミッドへ娘達の様子を送りに行くクレア姉さんですよ。

まぁ、今日も仕事一息ついて戻るかー

って思った時ですよ。

「え・・・?」

なんか、私の制服を引っ張る…

朱色の毛並みの獣…

「来るかい?」

こくりと頷いた、その犬を抱っこして・・・






ネオ・ヴェネツィアに戻って来たわけですが。

「ぷい・・・ぷいにゅぅ・・・」

イリヤちゃんとアリア社長がサマーチェアの上でお昼寝か。

安らかな寝息を立てて、また、可愛いことで。

ま、たまには、良いんじゃないかな。

イリヤちゃんは苦労してるし。

「・・・?あれ・・・?朱色の獣が・・・」

いない・・・

と、思えば、いつの間にか、アリア社長の横に・・・

そして・・・

「舞弥ちゃんは、何してるの?」

さっきから、陰に隠れてイリヤちゃん見てるけど・・・

「舞弥ね!おねちゃんにちかづく、わるいおんなをジャキってやってドーン!って、できないから見張ってるの!」

「そうなのか。」

「そうなの!」

シスコン化してるなー

目が凄い輝いてる・・・

そして、

「あー、向こうのアルフちゃんも人モードになれるんだ・・・」

ついでに、こっちじゃ、リニスとあれですよ。

百三匹の子供を出産なされて、色々と面白い状況になりましたよ?

いや、まじで。

そっから、三年以上経ったりと、色々とあれですが・・・

もう、あのとき、大量に生まれた子達も、3歳くらいなのか・・・

時が経つのは早いな・・・

「確かに、フェイトの言うとおり可愛いかも・・・」

あれ・・・?

桃色空間が。

続かない

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 フェイトさん、洗脳するほどに、アルフとアリア社長を結婚させたいんですね(汗
 普段は、旦那が暴走キャラなのに、アリア社長関連だと暴走してしまうフェイトさん。
 まぁ、ありといえば、ありか(苦笑
 アリア社長包囲網がどんどん狭まる中、アリア社長はいったいどうするのやら。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/09/23 06:29 | URL |

Re: タイトルなし

毒素的な部分が強すぎた感が否めないと言うか、なんと言うかな感じで。
まぁ、これは、色々と危険な状態のような気がしないでもない…
ありと言えば、アリと言うよりも、中毒注意とでも言うべきか。
アリア社長の包囲網が狭まっていることに、アリア社長は気づいてませんからね。
これは、色々と問題ありそうな予感。
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2012/09/23 08:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4806-cc1d32b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT