PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会った

のです


「クレアお姉ちゃん!?」

私がネオ・ヴェネツィアからミッドに戻って半年くらい経った後、

「ほら、クレアちゃんの子供よ。」

「ぷいにゅぅ~」

智恵理と凪沙が生まれたわけで。

初めは戸惑いながらも、週に数回、向こうに行きながら面倒を見ていたりしたわけです。

「ぷいぷい。」

育児にかなり慣れているアリア社長の言葉に従ったりと、色々とあって。

「ぷいにゅぅ~」

「あぁ・・・」

「「クレアママ~」」

「可愛いのぉ・・・二人とも…」

こういう感じで・・・

この、少しした後にですね。

天敵が生まれたわけでございますが。

「そういえば・・・あれじゃん・・・」

思い出しましたよ。
















「塵芥ー」

「アリア社長に―」

「会わせろ―」

今日も今日とで煩い・・・

こいつら、うるさい・・・

大体、アリア社長が、この三人の中に入ったら泣いちゃう!

って、ことで、赤ん坊の時は可愛かったのに、どうして、こうなっちゃったのかなー・・・

ん?

赤ん坊?

「そうか・・・」

思い出しました。

嘘かと思われますが。

「アリア。」

「なんですか?マスター。(←英訳めんどい)」

「あの三人がアリア社長に会った時の映像、残してあるよね?」

「まぁ。」

「って、ことで、映してみよう。」

「了解です。」

実はレヴィ、シュテル、ロードの三人はアリア社長に出会ってます。

ただ、物心がついてない、0歳児の時ですが。








「うー、うあーうー?」

「ぷいにゅぅ~ぷい♪」

「あーぅー」

「あぅっ♪」

「ぷい!?ぷいにゅぅ~~~!」

あぁ、ロードがもちもちぽんぽんを蹂躙してる・・・

こねこねしすぎだわ・・・

ちょっと・・・

貴女・・・

「ぷいにゃぁぅ~!!!」

って、ことで、あれです。








この映像は、此処で映像が途絶えますが。

「うん。解った?」

ですから、あの子達には記憶は無いんです!

って、ことで、もう、実は会ってるから。

「アリア社長に会ってるから、三人は満足したよね。」

満足した筈。

「だから、もう、大丈夫。皆、会ってるから会わなくても大丈夫!」

「ではない。この子は泣いているではないか。あのときの謝罪をしてやらねば我の気が済まぬ。」

「僕も、一緒にー」

「私もですー」

なんだ、こいつら・・・

「あの、耳に心地良い、ぷいにゅーと言う泣き声をもう一度。」

「大体、お姉ちゃんばっかりでずるいしねー」

そこまでして会いたいのか・・・!?

今日も、攻防は続く・・・

でも、最近は、お母さんのが独占率が高い

もちもちぽんぽんに触れることが出来ないと、手付が怪しく・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 今日も今日とて、アリア社長をめぐる合戦ですね~。
 でも、まだ、フェイトさんが参戦していないだけマシなんでしょうね。
 フェイトさんまで参戦されることになったら、いろいろと大変なことになるでしょうし(しみじみ
 アリア社長をめぐる母娘決戦とかは見たくないですし。
 普段であれば、そんなことはないんでしょうけど、アリア社長のことになれば、双方ともマジになりそうな気がしてなりません(しみじみ
 そんな骨肉の争いが起こらないことを期待しつつ、今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/09/20 00:24 | URL |

Re: タイトルなし

今日も今日とて、アリア社長が話題の中心の高町家。
アリア社長を巡る戦いに、フェイトさんが参戦したら、血で血を洗う醜い争いが始まりますからね。
アリア社長は鳴きますけどね。そういう状況になったら。基本は良い子ですし…
そんな感じで、まぁ、アリア社長はどんだけ罪作り…
双方マジになってしまう中で、たくさんの戦力が集まり、そして、アリア社長を得るために戦うって言う、醜い争いが本当に怖い…
ならないでしょうけど、100%じゃ無いので、色々とあれです。
色々と大変…
そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2012/09/20 01:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4800-0fb51f16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT