PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダーアマゾン再視聴完了


そんな感じで、仮面ライダーアマゾンを東映特撮オフィシャルyoutubeで見終わったわけですが、楽しかったです。全2クール…ドラマで言う、1クール分の物語なわけですが、やっぱり、今のドラマよりも面白いと思ってしまうのは、現代劇のつまらなさにあると思うなんて、思いながら。
仮面ライダーアマゾンなんですけどね。
様々な試みが見える、一種の、現代の特撮の色々な試みのあれがよく見えますわね。やっぱ、普通じゃいけない部分ってのは、常に新しく進歩させていこうって言うですね。
そういう、現代の特撮につながる野心的な礎の根本的な部分が見える作品でしたね~
ある種、現代人でなく、ゲキレンジャーと比べると森の世界と現代のコンクリートジャングルの世界がどうのこうのってあれが無かったけど。
現代になじめないアマゾンが人間嫌いになったりですね。
お前がいるから世界はおかしいんや!
って、言う、雅彦のねえちゃん。
ライダーってのは元は化け物だから、そうなんだろうなーってのが、良くわかる。受け入れられない感じがするわ。ある種、ヒーローと怪人は紙一重であると言う部分を良く描いた作品。
そこから、また、まぁ、心を開く話は積み重ねが生きてるな。
って、思いましたね。
普通に、アマゾンが攻撃すると、相手も流血したりとですね。
何だ、これは、もう、すげーって、感じで。
ついでにですねー
話としても確かに狂気全開な感じでですね。初期の、モグラが来るまでのあれなんですが。
ただ、それまでも、路線の変更はなかったよね。
アマゾンが真面目に喋ったこと以外は、特に、何も無かった。
いや、まじでwww
個人的には、一貫していたと思うよ。
アマゾンがまともに喋れるようになると、めっちゃ、イケメンである。
あれほど、イケメンなのも無いで。
いや、まじで…昭和ライダーの俳優陣も今の俳優陣に負けず劣らずのイケメン揃いですからねぇー…
そして、アマゾンの造形を再び見ると、凄いかっこいいですね…えぇー…あのデザインは癖になるわ。ジャングラーのデザインもかっこいいし。
大切断とか、めっちゃ、クールやで。
ディケイドで出たときは、これは、なんだったのか感が全開でヤバかったけど…やっぱ、本家を見直すに限りますね…こういう場合って。
アマゾンの変身ポーズとか、見るたびに思うんだけどね。
良いよねぇ…
そして、まぁ、途中の路線変更から色々と変わるけど、その怪奇性は変わることが無いね。
そこらへんの一貫性は良いと思うよ。いや、まじで。
そしてねー・・・
近年の映像じゃ、無駄に美化されちゃってる、スーパー大切断、あれよりも、最終回で披露したような、一瞬のさりげなく無駄の無い動作で繰り出すスーパー大切断のかっこよさがヤバい。
あれほど、クールな必殺技も滅多にないで。
この、昭和ライダーの中で一線を画したライダーが、また、新たなデザインに火をつけて、平成のウィザードまでのライダーの形作ったんだなーなんて、思うとあれだね。
そういえば、ガキの頃、仮面ライダーごっこやるときは、なぜか、アマゾン、V3、シン、ZO、BLACK RXだったけど、自分から率先していて、異形のライダーを演じていたのは、そういう部分があるのかもしれない。
さて、まぁ、敵組織がゲドン、ガランダー帝国と変わり行くわけですが。
当時のゲルショッカーと変わるあれとは違い、丸丸変わったような感じがしますね。
そして、ゼロ大帝を見て思うわけですが。
本当に、お前は何者なんですか…
キャプテンウルトラだったり…
バイオマンのメイスンだったり…
本物のゼロ大帝と、お前は一体、何だったのか感がめっちゃヤバい…
俳優さんの言っていた通りであった。
純粋な悪って感じよね。
ついでにいえば、あれです。
モグラ、かっこよかったよ…
最後は…モグラ…
運、モグラ、良かった…
そして、一人の戦士の戦いが終わり、世界の悪と戦うために二本から旅立つアマゾンの姿に哀愁を感じてしまった。良かったなぁ…
気高くワイルドで野生的な戦いを繰り出す仮面ライダーアマゾン…
されど、奥に見せる岡崎徹さんのクールな演技はかっこよかった。
2クールと言う短い期間だけど、まさに、これは名作だった。
最高のライダーだ。
ありがとうございました。

| 特撮感想 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4770-f072bdf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT