PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お見合い

お見合い。


「クレアちゃーん、お母さんが来てるよ~?」

「へ?お母さん?」

灯里ママさんの言葉から、色々とあったわけですが。

まぁ、そんな感じで。

「いらっしゃい~」

朝から、これから、練習行こうとしてる時に何を。

「って、お母さんが来た…」

アルフを連れてやってきた・・・

「と、言うことで。」

本題は・・・

タイトル通り・・・












「お見合いです。」













うん。

お見合いです。

「あれ・・・?向こうはザッフィーとじゃ・・・」

「お母さん、認めません。アルフはアリア社長と結婚すべきです。」

「そうだったような・・・」

「認めません。」

アルフの言葉をさえぎる水樹な声じゃなくて。

え、と、まぁ、どうでも良いや・・・

ややこしいことになってきた・・・

「ぷい!?」

流石に、お母さんの飛ばしすぎた言動のせいでアリア社長の顎が外れそうです。

そうまでして、アリア社長と関係を作りたいのか・・・

「それに、運よく、アリア社長は今、好きな子がいないようですし。こうして、お見合いをして結納をですね。」

「は・・・」

「そうしたら、アルフは社長婦人になるのね♪」

ま、まぁ、ありだとは思うかもしれないけど、ただ、それ以上に。

「ほへー・・・」

「あらあら。」

「ぷ、ぷぷいにゅぃ!?」

両頬を両手につけて、ってか、すっごい、衝撃!

「ぷ、ぷいにゅぅ・・・」

って、顔をしているんだけど・・・

アリア社長が。

「だって、こんなに可愛いのに相手がいないなんて、勿体ないわ!」

そういえば、前に、シンシアが惚れてた気がする。

その可愛さに惚れるのはわかるんだけど、うちの家族はどうもあれだ。

「アルフのワイルドクイーンに、女の子全開のアリア社長♪これは、もう、お似合いの夫婦としか!」

「あー・・・そですねー・・・でも、アリア社長を狙ってる子はいっぱいいるよ?」

「アルフは、人間形態になれるから強いよ!?」

「いや、それでも・・・」

あの子等には怖い・・・

猫が怖い・・・

「ぷいにゅぅ・・・ぷい。」

「気持ちは嬉しいけど、今は色々と決められないから、今度ね。だって。」

「あたしも、この子のことよく知らないしねー…可愛いけど。」

「ぷいぷいにゅ。」

「え・・・!?」

すっげー、ショック受けてる・・・

お母さんが・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フェイトさん(汗
クレアちゃんも言っていましたが、アルフとお見合いさせようとするほどに、アリア社長との関係を築きたいんですか。凄まじいほどの執念ですね~(しみじみ
でも、それをアルフ本人に断られてしまって、ショックを受けるところは、フェイトさんらしいところですけどね。
それでも、お見合い→結納は早すぎる、というか、突っ走りすぎですね。
天然さんなフェイトさんらしいことですが(苦笑
今回もごちそうさまです。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/08/30 06:10 | URL |

Re: タイトルなし

アリア社長のことになると人格が変わりますね・・・いや、まぁ、自分で書いておきながら、あれなわけですが。
やっぱ、関係を築きたいんでしょうね~そして、アリア社長と一緒に幸せな家庭を・・・
執念と言うのか、欲望とでも言うべきなのか、色々とあれですが。
ただ、まぁ、あの、諦めなさそうですけどねー・・・ショック受けても。
お見合いからの結納は確かに速いと言うか、結婚を迫らせる母親に似ているとでも言うべきか。
そこは、流石、天然さん・・・
そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります

| 月 | 2012/08/30 07:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4761-420a620e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT