PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鮮不倫

39d0c483c86126b56fda54fa4f81ff14.jpg
そんな感じで…
育代さんと・・・
れいか
れいかさんの・・・
百合エッチ…
明日、プリキュアないとかふざけんな・・・


「なお・・・今日は・・・」
「ごめん。今日は用事あるから。」
そそくさと、部活をサボってまで学校から帰るなおの姿を、れいかは見送ることしかできなかった。
この後、しなければならないことと言う学校の俗な仕事に囚われて、幼馴染一人を追いかけることも出来ない。
なおの態度が最近は冷たいという、れいかから見た印象。幼馴染と言う関係でありながらも、一歩、いや、それ以上に距離が開いたような関係、気づけばぎくしゃくしているということが当たり前になっている。
なぜ、このような関係になってしまったというのかなど、れいかには思い当たる節などあるわけがない。本当に、わからないのだ。ただ、なおが、何か、別のものに夢中になっているようで、その別のものと言うものが、どういうものなのかなど、れいかには解るはずもない。突然の変貌に近い、なおの生活の変わり方に驚きを隠すことはできなかった。スポーツにも何事にも打ち込む少女が突如、何もかもを投げ捨ててまで夢中になるもの、それはなんだと言うのか、不安…
援助交際でもしているのではないのだろうか。
拭えない不安が、れいかの中を満たしていく。不安で埋め尽くされて吐き気に襲われそうになる。
同性で幼馴染でありながら、その、どこか周りが同性に向ける好きという感情とは違う感情を持っているからこそ、友人として以上に心配になる。
「それじゃぁね。れいか。」
「なお・・・」
既に支度を終えて、なおを視線で追いかけてから、自分の体を動かし、後をついていってみることにした。
週に、二、三回、多い時に毎日、そそくさと学校から出て行くのだから。
あぁ、今日も、また。
貴方は、そこから出ていくのか。
と、構ってくれないが故の嫉妬に近い何か。
追いかければ、どこか、ストーカーじみた自分の行いを恥じることがあったものの、好きな人のことだから知りたいと言う欲求。なおが、打ち込んでいたものまで捨てて、何を求めたと言うのか。その結果を見ていたかった。
追いかけた先には地元の駅。
そこで、既に着替えていた、なおが何かを待っている。
子供のような、いつもの正義感あふれた顔とは違う、れいかの知らない顔。
何を待っていると言うのか。
恐る恐る覗けば、何かに気づいたかのように手を挙げた。なおの目の前に、みゆきの母親が目に入った。何故、みゆきの母親なのか。
星空育代という女と手を繋ぎ、そのまま、何処かへと消えていく。
恋人つなぎまでして、どこまで羨ましいことをするのかと思いながら、街の奥へと消えて見失った。
舌打ちしながら辺りを探索する。
焦りながら、探索していると女性として育代に負けたような気分になる。
確かに、一度見たときは揺らぎかけた自分がいることも確かなのだから。考えているうちに探索していたら、既に夕方、学校から五時半を告げる鐘が鳴り響いたとき、れいかの脳に聞き覚えのある声が響いた。
「ママ・・・」
「お母様…?」
なおの声で、確かに母を意味する言葉が聞こえた。
駆け足で向かった時、とある建物からなおが出てきた。
育代とともに、さらに、隣に見知らぬ女性と一緒に。
さらに、その建築物が何かを知った時、れいかは、あまりにショックで言葉を失ったのは言うこともなかった。
「なお・・・」
れいかが見たものは、ある種のおぞましい光景に見えたことだろう。
親友と呼べる人間の母親と初恋と言っても良いほどの幼馴染が正面から、しかも、途中で、もう一人の朱色の髪の女性が、なおと手を繋ぎ、子供のような、れいかの前では見せたことのない笑顔でラブホテルに入る光景というものは、れいかにとっては許容出来る範囲であるわけでもないし、いや、理解すら出来ていないことだろう。
理解しようとしても思考が追いつかない。何が、どうして、こういう状況になっているのか。
星空育代と言うある種の尊敬できる友人の母が、週末にこうして、学校終わりの生徒とこうして、こういう場で淫らな行為を行っているということに驚いた。
みゆきは知らないだろう。自分の母親がこんなことをしているのは。
れいかにとって、いや、なおにとってこういうことは、なおの正義感の前では許されないことではないのかと、一種の嘘だと言ってほしいという思いと同時に、しょせん、なおもそういう一個の人間だったのかと失望感も味わう。
れいかの中にある、なおの強い正義感というものがどう言うものであったのかなど、それを偽りと否定するかのように崩れ去っていく。
何故と口にしても誰かが教えてくれるわけでもない。
異様な何かを感じ取り、れいかはホテル街を後にした。
その後は当然の如く、全てにおいて集中など出来るわけがなかった。
堂々と昼から裸体を重ねる行為をする場所と言うイメージがラブホテルにはある。そして、怖くなり、このラブホテルから逃げるように、れいかは走り去った。
なおのことを愛していたはずだった。
家庭の事情から甘えられない彼女の境遇を知っているからこそ、自分が、なおにとって甘えられる存在として愛される存在として、そのポジションにいたかった。
だが、そこに星空みゆきの母親と、さらに、見知らぬ妖艶な女が、なおの甘える存在となってしまっていた。しかも、ふしだらな関係にまで昇華させて。
「ママたち、大好き~」
そう言いながら、ホテルから出てくる幼馴染の姿を異様に思う。今までの、なおと言う存在が、れいかの中から消えていく。
れいかの中で固定された、なおの勝手なイメージが何もかもが消えていく。
他人の母親を自分の母であるかのように呼び、幼い子供のような表情になる。
「なおが・・・そんな・・・いえ・・・」
帰ってから、あそこでなおが、何をしていたのか、れいかの中で張り巡らされる。
一種の知らない世界を知ったが故の無意識な憧れなのだろうか。
温室育ちのお嬢様である、れいかは、こういう背徳的な空間と言うものに興味を持ち出してしまう。だが、それ以上に、自分の愛する思い、周りには言えない思いを抱えてきた感情を抱いていたがゆえに、今回のことで、なおが年上の女性と一緒に、さらに、親友と呼べる人間の一人の母親と、さらにもう一人の女性と三人でセックスしていたことに、どのようなことをしたというのか。
思春期であるが故のスイッチが入ることによって止まることの無い妄想。
火照る体を収めようすればするほど、裸体で何をしていたのか考えるだけで、余計に熱くなる。
一瞬だけでも憧れを抱いた女性に、なおを羨ましいと思ってしまった自分すらいる。
人妻だからという理由で自重していた自分が愚かにも見えるほどに。
「なおも、育代さんも・・・ずるい・・・」
好きなものを取られ、何も出来ない両腕、両足をそがれたような気分になると同時に、自分の知らない間に好きだった者が別の人間に犯されると言う感覚に酔い知れる。
股が濡れ始めている己の衝動を抑えきれずに、ただ、太股をもぞもぞさせることしか出来ない少女は悔し涙に似たような複雑な感情に抱かれながら眠りに付いた。
なおが欲しいのか、育代が欲しいのか。性に対して敏感な年頃ゆえに、なおへの恋愛的な思いが徐々に、嫉妬に近いものに変わっていくことに気づく。
一緒に、なおとしたかったのか、育代の体を貪りたかったのか。
性的な妄想をするたびに止められなくなっていく自分に歯止めが利かずにもんもんとしたまま、雌として変わり行く体に何もできずに微々たる嬌声を漏らしたまま、眠れずに、少女は朝を迎えた。
もんもんしている胸に焼けつくような感情は取れずに、少女は日常の行為を捨てたまま、歩き出した。

「あら、みゆきの友達の…青木れいかちゃんだっけ?」
星空家・・・既に、そこにいたのは育代のみ。そうか。初めて学校というものを休んだのだったと、ふと、他人のことになれば
「はい…その…」
「上がって良いのよ?」
「あ、はい…」
目の前にいるのは、なおを、自分の最愛の幼馴染を抱いた人。
間近で見れば、その美貌に惹かれてしまうのもわかるからこそ、自分の存在というものに、同性に負けたと言う一種の屈辱感的なものが、れいかの中には渦巻いていた。
甘えたくはなる。
「その、昨日、なおと…」
「あぁ、なおちゃんとお友達だったわね。」
なおと言う名前を出したとたん眉が動いたような気がした。
一応は、その関係が良くないものであると察してはいるのだろうか。
「はい…」
友達と
「その、なおとは、どういう関係なのでしょう?昨日、如何わしいホテルから、叔母様と見知らぬ女性が、なおと一緒に出てくる場面を見てしまったので…」
「どういう関係か気になったのね。」
否定しない素振りを見て、れいかは驚いた。
この人の性格、いや、大人として否定すると思った。
「セックスフレンドよ。私となおちゃんは。」
そして拍子抜けすると同時に家庭を持つ人間と思えない発言に驚く、れいかを横目に家事を行いながら、育代は目の前にいる、女同士の味を知らない一人の女を、どう食そうか考えていた。
「今日も・・・なおと行くのですか?」
「今日はなおちゃんは、千春さんのところに行くはずよ?」
「千春さんって・・・やよいさんの・・・」
「なおちゃんは、甘えん坊さんだから。」
一度こべり付いたものは離れない。
そして、それが、愛しく思えてしまう、“なお”と、言う存在。
さっきから、なおという関係ばかり問いただされる。
「何故、なおは、貴女の元に・・・そうでなくても、あのような場所や、その関係は・・・とても、とても、不潔なものです・・・貴女の性欲に・・・ましてや、女性同士なのに・・・」
あぁ、言葉だけでわかる。
彼女はなおを好いているのかと、育代が理解した時にはすでに彼女が、なおを奪った育代に対しての嫉妬心が渦巻いていることに気づく。
女同士に抵抗を覚えるなど、そんな態度の中で言葉を詰まらせていることが、どの道、同じ種類の人間であるからこそ彼女の場合は、倫理以上に嫉妬という感情に動かされている。
「れいかちゃんじゃ、満足させること出来ないでしょ?あの子…」
「そういうことではなく…」
「あの子はね。甘えたくて仕方ないの。大人の女の体に自身を埋めて・・・愛されたいのよ。」
そっと、背後に近付き育代は、れいかを抱きしめ、どう、なおを愛しているのかを実践し始める。
耳元で
「こうやって…」
と、囁きながら、ふっと、息を吹きかけ、
「あっ・・・そんな・・・」
れいかは、思わず動揺してしまう。
「じゃぁ、どうすれば良いのかしら?こう、されたいの?」
育代が、れいかの心の中に迫ってくるような錯覚を受ける。
妖艶な妻ではなく、女の顔になって。逃げようとしても、その体が逃げようとしない。本能的に、これは、快楽に染まる最高の行いであると悟った。一時行えば麻薬のように癖になると言う行い。
「な、なおに・・・何をしたのですか・・・何故、なのが貴女と関係を・・・」
そっと、優しく、育代に抱きしめられてボタンを外され、服の中に手を入れられると言う行為をすんなりと行われて、れいかの未発達な胸が、育代のなおの愛し方を教授されることによって、体が熱くなっていく。
育代も初めての相手は自らが攻めに回ることが多い分、こうして攻めると言う行為に驚いていた。
自分の手で、女同士の世界へと無理やり引きずり込むと言う背徳感。
自分と同じにすると言う行為に他人の娘を、この世界に引き込むという行為への喜び。
れいかの胸から始まり、体全体に這うように育代の体が這うごとに洗脳されているかのような錯覚を、れいかは覚えた。
「なおちゃんは、自分が望んで私を抱いたの。いえ、私がレイプされたと言った方がいいかしら。」
これよりも、ハードに。
と、付けくわえながら、股を指で触れられ、厚くなると同時に、れいかの体に電撃でも走ったような衝撃が来る。
自分でもめったに、性行為と言う物をしたことなく、育代の成すがままに体全体を調教されていくような感覚。
感覚というものが、すでに性行為のためになるとセックスのための体になると作り変えられるかのような刺激がれいかを襲う。
初めての性行為、14歳、そして、相手は友達の母親という条件の中で背徳感がプラスされて、体がより敏感になってしまう。
異様なまでの興奮状態に体がほんのりと、赤く染まり、そして、桃色の乳輪が充血すると紅く染まり、一段と太くなり勃起した乳首を扱かれて、陰毛は蒸れ上がり濡れ始める。
滴り流れる蜜が、弓道で鍛えられた肉体を蔦って流れ落ちスカートを徐々に濡らし甘美な雌のにおいを漂わせる。
くちゅくちゅ・・・
淫らな音を太ももを擦りながら立てながらも、なおが、そんなことをするはずがないと思いながら出せる声で、場違いにも、なおを否定する。
「そんなの・・・はぁ・・・んっ・・・嘘です・・・」
「れいかちゃん、可愛い声で鳴くのね・・・」
クリトリス刺激というものに耐えられない。
青い髪の少女が座る体制も我慢できずに髪を乱しながら崩れて倒れる。
ソファで横になりながら露出される胸、そして、下着が外されて少女のセックスに育代の指に過敏に反応する熱く火照った体が露出する。
生え揃っていない陰毛と若さの象徴、いや、誰にも触れさせた事のない割れ目、淫唇を育代は強引に開き、その男性器をこれより迎えることのない桃色の中身を目にし、ふと、勃起したクリトリスを扱き出す。
と同時に舌でなめられる。オナニーすらしたことの無いれいかにとって、自らの女性器、小便を出す器官をなめられる。
舌で刺激を与えられると言うのは未知の感覚にひとしく、全ての感覚がマヒしてしまうほどの感覚が、れいかを襲うと同時に解放感が生まれ出る。
何かが出るような悪寒が走った後に、ビクッと硬直した後に、れいかの紅く晴れ上がった淫核から黄金水が吹き出て、育代の服を黄色く染めていく。
主婦としての衣装を汚されて、より、卑猥に見えたその女の存在。
舌足らずな声を上げながら、令嬢が尿と蜜を漏らし、育代がれいかの漏らした尿と蜜を口に含む。
れいかに寄り添うようにその口に含まれた尿と蜜を、れいかの口の中に育代は流しだした。
「あっ・・・う・・・」
「れいかちゃん、とっても、おいしいわ・・・」
横でほくそ笑む、美人妻の顔、人妻という衣装を脱ぎ捨てて女としての肉体を露出した育代が側にいた。
「可愛い・・・れいかちゃん・・・なおちゃんみたいに・・・」
人妻でありながら、女としての美しさを持つ育代の肉体。
徐々に女同士と言う世界にウィルスのように、れいかを蝕んでしまっていた。
「あぁ・・・なおの溺れた体・・・なおが夢中になった、淫靡な体・・・愛しいです・・・なおの愛した、この女体・・・」
そんな、豊満な肉体から目を離せずにリボンを解き、れいかの雌の臭いが染み付いたソファの上で交わりあう。
育世の90を超えるバストに埋もれながら、青い髪と赤い髪が淫らでありながら幻想的であり美しく生えるセックスに混ざり合う。
「貴女が…なおを、そんな淫らな体で誘ったのですね…許せることでは…」
そう、言いながら、れいか自身すらも目の前の女から放つ果実としての魅力に取りつかれそうになる。
そんな色欲に負けてはいけないと思うほど頭は拒否してしまう。
すでにセックスマシーンのように感度は育代の手によって改造されてしまっていた。
赤子のように抱っこされ、まだ、生えそろっていない令嬢の陰毛と、汗の舌たる人妻の女として熟れきった体から生えた陰毛が淫らな音を立てて擦れ合う以上に、れいかは初めてのセックスを楽しむ余裕すらなく…
「ん・・・んぅ・・・」
豊満な、甘えるためにあるような人妻の体。
自分の母に、このようなこと、いや、単純に今日の今日まで自分を律してきた少女も甘えると言う好意の毒素を知らない。自分の知らないところで母は女を華道と茶道の生徒たちを抱いていることに対して知らないわけではない。
ただ、どこか、その爛れた醜い男と言う父を裏切る性行為そのものが許せなかった筈だというのに、目の前の女も母と同じように平気で夫を裏切り、自分は裏切った女との性行為に溺れる。
胸を吸い、必死になって育代の指が与える刺激だけを前身で楽しもうとする。
令嬢の顔がだらしなくセックスに染まり狂ったように女の媚肉から蜜が生成されて、花弁からビュッビュッと、耐え切れずに放出された。
「また、いく・・・私、どこかにつれてかれる・・・」
昇天しっ放しの体、初めての性行為、育代に好きなようにされながら女同士の世界に目覚めて膣内をぐちょぐちょに淫らな音を立てながら女の綺麗な指で掻き回される喜びを覚える。
「れいかちゃん、ここに触るときゅって締まるね。可愛い。」
「らって、らってぇ・・・」
「弱いんだ。」
混ざり合う育代とれいかの液体…
サキュバスのような顔をする人妻…
胸に溺れ、何をしでかすわけでもなく、ただ育代の全てを受け入れる。
自らが動くたびに育代の指が膣内でピストンされるようで刺激だけが体にジンジンと音を立てるように電気を帯びたように、れいかはイきっぱなしになった、その体を自ら動かすことができなくなっていた。
与えられたはじめての快楽は繊細な令嬢の体には毒素が強かった。
快楽地獄に取り付かれて女の膣の良いところを攻められて、そのまま、眠りにつく。
「はぁ・・・あっ・・・あぁぁぁぁぁん!!!!!!!」
耐え切れずに暴発するように愛液と尿をぶちまけて、びくびくと陸揚げされた魚のような令嬢。
さながら、人魚姫とでも言うべきだろうか。
気を失いながら育代に甘える令嬢の姿はすでに少女ではなく女としての表情。
このまま、開発されればどうなるだろう。楽しみになる。
満足していない、人妻の体。。。
このあと、来るであろう、まりあの前哨としては丁度良かったかもしれないと思いながら、育代は眠りについた。

| 適度なSS(黒歴史置場?) | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もっと やってください!!!

すご-い !!!!! もっと もっと もっと もっと もっと やってください!!!
育代さん/ちはるさん 歴代ママンズのなかでダントツですよね
馬鹿ヤロー ゴルフ/駅伝/オリムピック
明日はオリムピックなど無い!!!!!! 明日は明日は明日は・・・伝説のママキュアの回を見るのだー

| ぽんた | 2012/07/29 00:23 | URL | ≫ EDIT

Re: もっと やってください!!!

あー、育代さんの不倫ネタはこれからも続くと思いますよーたぶん…
私、歴代では、スイプリのまりあさんと、育代さんが一番ですね。
オリンピックやら駅伝やらゴルフは…
本当に寝ぇ…

| 月 | 2012/07/29 01:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4734-73bfd304

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT