PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あぁ、最終回ラッシュ


などと、言う感じでですねぇ…最終回を迎えてしまった作品が数多くあり、なんとやら…って、状況ですね…東映youtube。ジェットマンにウインスペクター、タイムレンジャー、オーレンジャー、ギンガマン、シャリバン、あぁ、ゴレンジャーもあったね。なんて、感じで、色々と見てまいりましたが…
どれも、素晴らしい作品だった。どれも、素晴らしくてですね、あぁ、なんか、良かったなぁーって、思って仕方ありませんでしたよ。特撮作品の素晴らしさを改めて感じ取った感じですね。

シャリバン
は最後の一緒にコンバットスーツを装着するシーンから、一気に決めに行くような感じでですね。そこから、あれだし、あぁ、あそこから、シャイダーへと繋がっていくのかーって言う感じでですね。やっぱり、ああいう、共演シーンってのは燃えちゃいますね…いや、マジで…

ゴレンジャー
はあそこから伝説が始まったんだなーって、思いましたよ。やっぱり。まぁ、そのあと、バイオマンが配信されたわけでございますがwww

オーレンジャー
もね。中盤はギャグが多くなったけど、それ以上に、終盤の本当に終盤の真剣っぷりがね、素敵でした。ああなった感じの奴もですね。当時、オウム真理教が色々とやら化したせいなんですけどねぇ…それでも、ちゃんと、決める部分はきめるって感じで、面白く、そして、良かった。
本当にあの、化けたと言うか、なんというかな感じですよ。
ガキの頃、一回見たっきりだったかな。オーレンジャーは。カクレンジャー、メガレンジャー、ジェットマン、ジュウレンジャー、ダイレンジャー、ターボレンジャーとかそこらへん以外は一回きりだったような感じがする。そんな感じで、懐かしいですよ。ありがとうございました。

ギンガマン
も良かったねぇ・・・ヒュウガの決断から、本当に話が重くなるからねぇーただ、そこまで、終盤のハード展開が、あの、やっぱ、スーパー戦隊シリーズの極めだと思うんですよね。そうすることで、世界のために戦っている感が素敵なわけでね。
そして、スッゲー、ボロボロの状態になって、それでも最後の最後に逆転する、それを描くドラマ性が、その作品のテーマ性に対しての彼らなりの答えって感じでね。素敵なのよなぁ…

タイムレンジャー
なぁ・・・直人が死んだシーンから、泣きっぱなしでしたよ。そして、ドルネロさんが亡くなったりして、完全なる悪人ではないと言う描写な。ギエンの、その何故、そういう体になったのか。とかなぁ…リュウヤもねぇ…悪い奴だけど、そこには、確かに自分の未来を変えたいから。って、言う、あれがあったからで。竜也もまた、かっこよかったなぁ…直人の死をもって、そして、その言葉を受け取って、改めて。
って、感じでね…50話ほど見て、なんていうかですね。改めて、運命を何かに歪められてしまった存在とでも言いましょうか。彼ら自身、登場人物自身、まっとうな人生から見捨てられちゃったんだよねぇ…いや、捨てた人間もいれば、まっとう以上になろうとして失敗したりとか。未来を変える…って、ことに関して必死になって生きる、その強さが素敵だった。

ジェットマン
・・・こればっかりは、本当に、もう、見直した回数も多くですね…それでも、やっぱり、あの、久しぶりに見直すと泣いちゃうわ…ゴーカイジャーで、まぁ、あの世界線では死んだことになってるけど、とりあえずね、改めて見直すと、最終決戦、愛に乱れて愛に生きて、愛に歪められる存在っていう、そういう愛憎劇が目立つのよね。さまざまな愛の形がかいまみれた。
トランザは自己愛な。あの、自分しか愛せない存在と言った感じか。
やっぱ、ラディゲ、マリア、そして、竜の3角関係に、香、凱、グレイを巻き込んだ複雑な恋愛関係にはやっぱり、もう、そこから、おりなされるドラマと言うのは素晴らしいものがありましたね。
そして、最終的に収まる形に収まった時、竜と香を見守るリエの影が見えて、私は、もう、そこで、また、うわー!って、なっちまったじぇ…
うぅん、やっぱ、スーパー戦隊の転換期だから、なんていうか、素晴らしいものがあるよね。一種の革命児的な部分が改めて視聴することによって探ることが出来て楽しませていただきました。

ウインスペクター
・・・最初に見た、ヒーローはやっぱり、思い出補正と言われようがやっぱり楽しかったのですよ。うん、この面白さと言うのは、どこにあるんだろ。
また、犯罪者たちの中にも、あの、22分のドラマの中あるんだよなぁ…人を妬んだり、大切な人のためだったり、私利私欲のためだったりと、さまざまなドラマが素晴らしいのですよ。一種のジェイデッカーのプロトタイプとでもいうべきなのかな。ある種の、近代社会を皮肉ったような内容もあったりと、その中で、人を”犯罪”と言う、絶対になくなることのない敵に立ち向かうって言う、この話な。それが、ソルブレイン、そして、エクシードラフトに繋がっていくと言う、此処からですね、始まっていったんだなーって言う感じで。撮影セットとか、すっごいからねぇ…炎とか、あそこまでの演出はいまだにないわけだし。生の炎ですよ。
今の特撮でも、そこまでないからなぁ…緊迫感のある特撮の撮影って言うのかね?
やっぱり、凄いものがありますわ。
そして、スーツのかっこよさが近年のヒーローには無いかっこよさ・・・今でも通じるかっこよさってのがなぁ…また、能力もV-MAXが出来たりとチート急だったりね~武双も、本格的に、ジバンから続くような兵器としてのかっこよさを突き詰めた感じ?あの、ギガストリーマーとか本当にかっこいいですよ。大型ガトリング砲とか本当に脚気ぇわ…
救出シーンとかなぁ…たとえ、犯罪者であろうとも…って、感じで、それでも、ラストは救えずにね?それが、のちの、ソルブレインに繋がる切っ掛けとなる。うぅん、やっぱり、面白かったなぁ…ソルブレインでも香川さんはまた、出るので、楽しみにしておきましょう。
ただ、エクシードラフトは最終話辺りに、正木さん以外にもソルブレインやウインスペクターも出して良かったよね…
などと、思ったところで、終わり!

| 特撮 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4703-e3b16bf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT